あなたは大丈夫?気が付けば陥っているスマホ依存症

a0001_017623_ma

インターネット、音楽、SNSなど、あらゆる楽しみがギュッと詰め込まれているスマートフォン。

今や日本国内でのスマートフォンユーザーは60%と言われており、20代では90%以上、女子高生ではなんと95%(!)。

老若男女、特に若い人にとっては「なくてはならない」存在になってきています。

 

そんな便利なスマートフォンですが、使うのではなく、振り回されてしまう人が増加、社会問題になっていることをご存知ですか?

 

あなたは大丈夫?スマホ依存度チェック

a0002_010302_ma

スマホ依存症とは、スマホを常に手元に置いておかないと不安になることをいいます。

ネット依存性のひとつとして数えられ、スマホの使用時間が多すぎるあまりに、不眠・頭痛などの体調不良や、イライラ・憂鬱といった精神的な不調などが引き起こされることも。

 

こんな傾向はありませんか?

■暇があるとすぐにスマホをいじってしまう。

■お風呂に入る時も持って入る。

■食事をしている時でもスマホを見ながら食べる。

■人と話してる時もいじりながら話をする。

■起きたらすぐにスマホを触る。

■LINEの返事や書き込みが気になり集中できない。

■スマホゲームにはまっている。

■車や自転車の運転中や歩いて移動している時もスマホをいじる。

■スマホを長時間使用していないと不安になったりイライラする。

当てはまることが多い人は要注意。スマホ依存症かもしれません。

 

どうしても手放せない。スマホに依存してしまう理由

smaho_naze1

スマホに依存してしまう理由は、主として

■LINEなどのSNS

■ゲームアプリ

■動画サイトやネットショッピング

などが挙げられます。

 

LINEなどのSNS

a0002_010608_ma

LINEはチャット機能と無料通話機能を兼ね備えた、とても便利なコミュニケーションツールです。

特にチャット機能は、1対1・グループを作成してのやり取りができ、10代の若い人だけでなく、美容院などの予約ツール、ママ同士がPTAの連絡網など、幅広く活用されています。

このように便利なLINEですが、速く返信をしなければいけないプレッシャー、読んだ形跡はあるのに返信がない(既読スルー)不安、いじめにつながりかねない恐怖から、夜寝る時間も惜しんでやりとりをしてしまう人もいます。

その他に、TwitterやFacebookなどのSNSに依存する人もいます。

 

ゲームアプリ

smaho_game1

家庭用ゲームよりも手軽で、どこでもいつでもプレイできることから、スマホゲームは一大産業になっています。

子供から大人まで遊べる様々な種類があるうえに無料のものも多いのですが、それゆえにやめられなくなり、ちょっと時間が空いたらついついプレイしてしまう人が急増しています。

 

動画サイトやネットショッピング

a0001_013643_ma

Youtubeやニコニコ動画などの動画サイトは、気になる動画を無料再生できることもあり、人気を博しています。

また、amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどでは、実際の買い物はもちろん、ウインドウショッピングを楽しむこともできます。

いずれも「見始めると止まらない」というのが怖いところです。

 

スマホ依存性から抜け出すには?

smaho_kyori1

まずは、物理的に距離をとることです。

学生さんなら、親御さんに預かってもらうのが一番手っ取り早いでしょう。

大人の方なら、スマホを置いて外に出る時間を作りましょう。最初はちょっとコンビニに買い物にいく間、スマホを家に置いていくだけでもOK。

スマホ断ちは断食にも似ています。初めは気になってウズウズ・イライラするかもしれませんが、次第に身軽に感じるようになってきます。

 

常にスマホを触らなくても不安にならなくなってきたら、スマホの便利な部分だけをピックアップして使うようにしましょう。

LINEなら、楽しい会話・必要な連絡のみのやり取りにして、「そろそろ寝るね」「出かける時間だから」と止め時を作る。

ゲームアプリなら、タイマーをかけてプレイする(ゲームは1日1時間、って言われていた大人も多いはず!)。

 

そして、お風呂、ベッドにはスマホを持ち込まないことも大切です。

ダラダラ使い続けてしまうことはもちろんですが、スマホから発される電磁波は直接触れるものだけに、体に大きな影響を及ぼします。

体を休める時間であるお風呂、就寝時にそばにあると、十分な休息をとることができません。

 

脱・スマホ依存性で、世界はもっと広がる!

a0002_004987_ma

いかがでしたか?

重度のスマホ依存性は、吐き気をともなう頭痛や肩こり、手の変形、引きこもり、うつ病を引き起こすこともあります。

便利で魅力的だからこそ、一定の距離と節度をもって使う、心構えも必要なのかもしれません。

 

これまでスマホを使い続けていた方は、「スマホがなかったら、隙間時間に何をしていいのかわからない!」と感じるかもしれません。

本を読む。空を見上げる。ラジオを聴く。丁寧に紅茶やコーヒーを淹れてみる。友達と直に会っておしゃべりする。

そういう日常の当たり前のことを、まずはひとつ実行してみると、スマホの中には無かった新たな世界が広がります。

スマホ依存という便利な不自由から抜け出して、スマホに頼らないちょっと不便な自由を楽しんでみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加