電化製品を使うと体調不良になる人は電磁波過敏症かも!

電磁波過敏症になる人が増えてきている

コンセント

パソコンやスマホなどの電化製品を使用すると、頭痛や吐き気などの症状がある人は電磁波過敏症かもしれません。

日本ではまだ一般的にはあまり知られていないが、電磁波過敏症と呼ばれる症状があります。

電磁波過敏症とは、テレビ、パソコン、電子レンジなど家電製品や携帯電話などの電磁波を浴ます。

浴び続けることにより身体が反応し頭痛や吐き気などさまざまな症状になります。

過敏に反応するようになると、微弱な電磁波でも症状に悩まされます。

電磁波過敏症は化学物質過敏症と併発することが多く、80%におよびます。

その他に、アトピーや花粉症などアレルギー体質の人に多いので、自律神経の乱れが影響している可能性が高いです。

症状も自律神経失調症と似ている為に、医療機関で自律神経失調症と診断されることもあります。

電磁波による、人体の影響が科学的には認められていないために、病気としては認められていません

明確な診断方法もなく、治療法もありません。

日本では、電磁波の影響はないとされているために、思い込みや精神的な症状と思れることが多い。

まわりの人からも理解されることも少なく、どうすればいいのかわからい状態で苦しんでいる人も大勢おられます。

電磁波過敏症の症状は、初めに目に症状が表れることが多く、次に、頭や顔面周辺に症状が集中的に現れ、その後全身に広がっていきます。

代表的な症状は、目の痛み、皮膚のかゆみ、頭痛、睡眠障害、めまい、耳鳴り、腕や足のしびれ、鼻炎、疲労、呼吸困難、動悸、吐き気、うつ病などさまざまな症状になります。

対策としては、被曝する電磁波を少なくすること、自律神経を整えることの2つの対策が考えられます。

■携帯電話の使用を控える。

■家電製品を使用するときは、距離をとる

■電磁波が強い場所には近づかない

■携帯電話基地局(ビルやマンションの上に設置)などの電磁波が強い場所の近くに住まない。

■金属を身に着けない

■使わないときはコンセントを抜く

■ストレスをためない

■生活習慣の改善

などを行うことで症状が軽減できます。

電磁波過敏症にならないように普段から気を付けることが大切

電磁波過敏症については、診断方法、治療法などがないです。

だから病院に行っても、診断するが難しく治療も難しい。

電磁波過敏症の人は、本人が気付いていないだけで、日本には100万人以上いるといわれている。

その中には、症状がひどいく仕事を変えたり、電磁波が少ない田舎に引っ越したりする人もいます。

電磁波過敏症にならないように気を付けることが大切になります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加