20分の昼寝で仕事の効率アップ!驚くべき昼寝の効果!

たった20分で眠気が解消!驚くべき昼寝の効果

zutu_kisyo1

昼食後、だんだん眠気が襲って仕事に集中できなくなり、ミスや仕事がはかどらなかったことはありませんか?

このような悩みは20分の昼寝を行うことで解消できます。

人はなぜ昼すぎるになると眠たくなるのでしょうか?

眠たくなるくなるには2つの理由があります。

1つ目は食べ物を消化する為に胃や腸に血液が集中してしまい、脳への血液が少なくなる。

2つ目は人の体内リズムにより午前2時と午後2時頃には眠気が襲ってくる。

睡眠をしっかりとっていても眠たくなるのはこのような理由からです。

効果的な昼寝の取り方

gouri

■30分以上は眠らない

昼寝の時間は15~20分の短い時間が効果がいい。

30分以上取ると眠りが深くなり、起床後も眠気が続いてしまいます。

効果的な睡眠をとるには浅い眠りにとどめることが大切。

■午後3時までに行う

1番いいのは強い眠気が強くなる前の午後2時までに行うのが効果的。

午後3時以降にとると、夜の睡眠にまで影響を与えてしますので午後3時までには行いましょう。

■昼寝前にカフェインをとる

カフェインには、覚醒作用があります。(摂取後30分ぐらいで効果が出る)

昼寝前にコーヒーや紅茶などのカフェインを飲むことで、目覚めた後に頭がスッキリ集中して作業ができる。

■体に負担がかからない姿勢で寝る

机に伏せて寝るときは、小さいクッションやマクラを使うと心地がいい昼寝が出来る。

イスで寝る場合は首に負担がかからないようにする。

ベッドなどで横になってしまうと、眠りが深くなり目が覚めるのに時間が掛かってしまうので注意が必要

■起床後は軽くストレッチ、太陽の光を浴びる

ストレッチや太陽の光には眠気をとる効果があるので早く目が覚めます。

昼寝の効果

■夜の睡眠の三倍の効果

■仕事に集中でき、作業効率がアップ

■記憶力を高める

■ストレス解消

■脳の疲労が回復

■心臓病や認知症のリスク低下

国も認めている昼寝の効果

hukujin_1

厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針2014」で30分以内の昼寝は、作業能率の改善に効果的と書かれています。

このように昼寝を行うことで、作業能率が改善すると国が認めています

日本と同じく睡眠不足の人が多いアメリカでは、多くの企業が昼寝を承認しており、仮眠室や睡眠マシンを導入し社員の仕事の効率アップのために役立てています。

日本でも、徐々に昼寝を承認する企業も増えてきて、仕事効率が上がって業績も上がった企業もあります。

企業だけではなく昼寝を導入した学校もあります。

福岡県の明善高校は昼寝をおこなうようになり、センター試験の成績が上昇、保健室の利用者の減少、部活中のケガの減少などさまざまな効果が出ています。

昼寝をすることに最初は抵抗があるかもしれませんが一度試してもらえばその効果が実感できると思います。

ぜひお昼休みなど利用し昼寝を試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加