食生活を変えずにデトックス。<体に良い食べ合わせ>まとめ

jiritu_a3

健康を考えた時、一番に思いつくのは食事内容を変えることですよね。

でも、今まで習慣になっている食事の摂り方や、好きな食べ物を控えるのは案外大変。

「玄米が体にいいのはわかるけど、どうしてもニガテ」

「体の大きな動物のお肉はよくない?でも大好きなんだよ!!」

「自分だけならいいけど、家族の食事までは…」

そんな時、ぜひ試して頂きたいのが食べ合わせ活用法です。

 

日本人の知恵がギュッと詰まった食べ合わせ

tabeawase_4

「うなぎと梅干しは食べ合わせが悪い」「天ぷらとスイカは一緒に食べてはいけない」

こんな話を耳にしたことはありませんか?

迷信と言われることもある食べ合わせですが、たとえば天ぷらの油分とスイカの体を冷やす作用が合わさるとお腹を下しやすくなるなど、確かな裏付けもあるのです。

 

「食べ合わせが悪い」と言われる組み合わせの他にも、消化を良くする「良い食べ合わせ」も存在します。

たとえば、お刺身についてくる大根や海藻などのツマ。ツマには魚のタンパク質を分解する消化酵素がたっぷり含まれています。

このように「良い食べ合わせ」は、日常生活の中にしっかりと根付いているのです。

 

食べ物別・食べ合わせまとめ

 

豚や牛など、四足のお肉

tabeawase_3

四足の動物のお肉は、日本ではあまり馴染みのなかった食べ物です。そのため消化の際に胃腸に負担をかけやすく、血液を汚すとも言われています。

 

お肉を食べる時に一緒に食べたいのは、以下の食材です。

■にんにく、ねぎ、しょうが、にら、唐辛子、香辛料

■じゃがいも、トマト、玉ねぎ、ピーマン、生野菜

■りんご、果物

 

鶏肉や卵

tabeawase_2

鶏肉や卵も、四足ほどではありませんが消化にエネルギーを使う食材です。

 

鶏肉や卵を食べる時に一緒に食べたいのは、以下の食材です。

■にんにく、ねぎ、しょうが、こしょう

■玉ねぎ、白ねぎ、しいたけ、にら

 

tabeawase_1

お肉もですが、魚はマグロなど大きなものになるほど、体の中に重金属などが凝縮されています。

昔から食べられている食材ですが、昔よりも消化しにくい食べ物になっています。

 

魚を食べる時に一緒に食べたいのは、以下の食材です。

■わさび、しょうが、みょうが、しそ

■大根、海藻、ゆず、レモン、すだち、カボス、梅干し

 

その他の食べ合わせ

itiju_ume

■油ものの摂りすぎ…大根おろし、ゆず、レモン、すだち、カボス

■ごはん(お米)の食べ過ぎ…大根おろし、りんご

■甘いもの(砂糖)の食べ過ぎ…梅干し

 

食べ合わせで上手にデトックスしよう

itiju_taberu

お刺身のツマ・ぶり大根・スペアリブのトマト煮など、知らない間に意外と取り入れているのが食べ合わせです。

でも知ると知らないとでは大違い。今まで残していたお刺身のツマも、これからは頼もしい味方として召し上がって頂けることでしょう。

食べ過ぎた日は、胃薬よりも優しい大根おろしが疲れた胃腸を癒してくれます。

一緒に調理されるもよし、副菜として添えるもよし。ぜひ今夜の食卓から取り入れてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加