飲む・食べる・掃除・洗濯にも…万能酵母液のオススメな使い方7選

koubo_9

様々な菌の中でも、抜群の生命力をほこる玄米菌

この玄米菌をたくさん増やしたのが<万能酵母液>です。

万能というだけあって、その使い道は多数、というよりも無数。

その中から、特に便利な使い方をピックアップしてお伝えします。

 

そもそも万能酵母液って?

koubo_6

万能酵母液は、玄米・黒砂糖・水・塩から作る発酵液です。

ここで増やされた玄米菌は周囲にいる菌たちのリーダーとなり、パワーバランスを調整します。

単純に言うと、その環境にとって望ましい菌は増え、望ましくない菌は限りなく減らされるという仕組み。

体内に入れば、常在菌の中から乳酸菌などの善玉を増やし、日和見菌(善玉菌が勝っている時はおとなしいけれど、善玉菌が弱ってくるととたんに増殖する困った菌)を抑えてくれます。

詳しい作り方は→体質改善に、環境整備に。あなたを元気にする<万能酵母液>の作り方

 

万能酵母液のオススメな使い方7選

vitaminc_5

 

①飲む・料理に使う

vitaminc_4

パンのような香りのすることの多い酵母水。そのままゴクゴクいける人もいれば、ニガテな方もいらっしゃいます。

バナナやリンゴ、小松菜などとスムージーにすれば、香りも気にならずにお召し上がりいただけます。

また、きちんと出来上がった万能酵母液は料理をおいしくしてくれます。

■お味噌汁に混ぜる(お味噌をとく前がいいでしょう)

■ごはんを炊く時に混ぜる(1合に対し大匙2~お好みで)

■煮物の煮汁に使う(グラグラ煮ても玄米菌は死滅しません)

■詰め終ったお弁当にシュッとスプレー(腐敗を防いでくれます)

…などなど、アイディア次第でなんにでもお使いいただけます。

ただし、うまく発酵していない・過発酵などの酵母液は、料理をマズくしてしまいます。使った料理がおいしいかマズいかで、うまく出来たかどうかの見極めにもなります。

 

②洗濯に使う

koubo_s5

その場に不要な菌の増殖を抑えるのも、玄米菌の得意技。

洗って干した洗濯物にシュシュッとスプレーすれば、室内干しでも生乾きのイヤな臭いを抑えてくれます。同時に乾きも早くなるので、梅雨時の救世主といえるでしょう。

さらにオススメなのは、つけ置き洗い

2~3リットルの酵母液に3時間程度つけておくと、酵母液が黒っぽくなってきます。黒くなった液を適度に絞って洗濯機に入れ、洗濯ものの量に合わせて重曹(大匙2~3くらい)を入れてスイッチオン。

「もっといい香りが欲しい!」という時は、酵母液にエッセンシャルオイルを数滴落としたスプレーがおすすめです。

 

③水回りの掃除に使う

koubo_s1

カビや食あたりの原因も菌の一種。ということは、酵母液で増殖を抑えることができます。

お風呂や食器・シンクのおそうじは、アクリルたわしに酵母液をしみこませたもので行います。汚れが落ちたら水で流し、お風呂やシンクは仕上げに酵母液をシュシュッとスプレー。カビやニオイの発生を抑えてくれます。

 

④お肌のお手入れや傷薬に使う

hada_3

酵母液を化粧水がわりに使う方も沢山いらっしゃいます。

また、ケガ・火傷などに酵母液を塗ると、回復がおどろくほど速くなります。

熱い油が飛んだ指をすぐに酵母液に浸したら、赤くもならず痛みもなかった!ということも。

※この用途に使う酵母液には、最後の発酵止めの塩は入れないでくださいね。

 

⑤目薬、歯みがきに使う

koubo_s4

目薬として使うのも◎。目は脳とつながっており、目に酵母液を注すと、脳の疲れが目ヤニの形で放出されてきます。

しばらく続けると頭も目もスッキリして、疲れ目や頭痛が軽減していくことも。

 

歯磨きやマウスウォッシュとして使うと、口の中のいらない菌の増殖をふせぎ、歯垢を減らしてツルツルにしてくれます。

※この用途に使う酵母液には、最後の発酵止めの塩は入れないでくださいね。

 

⑥シャンプー・ボディソープとして使う

koubo_s3

頭皮についたものは、40秒で子宮(デトックス器官)にたどり着くとも言われています。

髪を濡らし、頭皮に酵母液を振りかけて揉むように洗うと、フケ・白髪・肌のたるみなどに効果を発揮してくれます。

とくにフケには効果絶大。脂漏性湿疹で悩んでいた男性は、2日でフケの改善を実感したそうです。

 

体を洗う時のボディソープ代わりに使えば、肌表面の常在菌を最適なバランスに整えてくれます。

特にワキ等のニオイが気になる方は、手やスポンジに酵母液をとって肌をこすると、ニオイの元になる菌の増殖を抑えることができます。

 

⑦アロマスプレーで住環境を整えて

koubo_s2

洗濯物のニオイ&生乾き対策にも使える、酵母液のアロマスプレー。

酵母液30mlに対し、お好みのエッセンシャルオイルを5~10滴たらし、スプレー容器に詰めるだけ。

丸洗いの難しいカーテンや、週末しか洗濯できないシーツなどの大物にシュッとスプレーすると、繊維の間に玄米菌が住み着いて、周囲の菌を統率してくれます。

するとニオイを抑えるだけでなく、「なんとなく気分がいい」「なんとなく体調がいい」といったゆる~い感じで効果を発揮してくれます。

酵母液に「なんだそりゃ!」といった反応を示すご家族には、内緒でスプレーから初めてみるといいかもしれません。

 

あなただけの使い方を見つけてみるのも楽しいかも!

amatyudoku_2

万能酵母のような民間療法的なものに拒否感のある方も沢山いらっしゃいますし、ご自身は興味があるけれどご家族が…というのもよく伺います。

そういった場合は、内緒でスプレー・洗濯・お味噌汁にちょこっと混ぜてみましょう。

興味を持ってくれるかもしれませんし、持ってくれないかもしれません。けれども確実に、その方の菌バランスは整っていきます。

 

様々な使い方がある万能酵母。ここでご紹介したものは、ほんの一部にすぎません。

あなただけの使い方を見つけてみるのも楽しいかもしれませんよ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加