犬や猫だけじゃない!虫・魚・人にもできるアニマルセラピーで体のケアをしてみよう

doubutu3

先日、カラダのケアをしてくれる観葉植物をご紹介しました。

>デスク回りに、ベッドサイドに。カラダのサポートにオススメな観葉植物

 

話は変わりますが、今の時期、自由研究や昆虫採集でカブトムシやクワガタを飼っているお家も多いのではにでしょうか。

実は、こういった虫たちも体調を整えるのに一役買ってくれるんです。

 

動物だけじゃない、昆虫・魚・人のセラピー効果

doubutu2

アニマルセラピーという言葉をご存知ですか?

犬や猫、イルカなどの動物と触れ合うことで、心と体を健康な状態に整える方法です。

お家に犬さんや猫さんがいる方は、日々その癒し効果を実感していらっしゃることでしょう。

 

生き物には物質的な体と同時に、エネルギー的な体(オーラと呼ばれることも)も存在します。

人間の場合、エネルギー的な体は、物質的な体に近い方からエーテル体・アストラル体・メンタル体という多層構造になっており、動物はこのうちアストラル体のメンテナンスを行ってくれます。

エネルギー体の傷やゆがみは体の不調の原因になるので、今ある不調だけでなく、これから出るかもしれない不調の予防にも一役買ってくれるのです。

 

このアストラル体のメンテナンス、実はモフモフの哺乳類だけでなく、虫や魚、そして人といった生き物であれば皆行ってくれるのです。

 

カラダのケアにオススメな動物3つ

doubutu6

「家では犬猫は飼えないし…」

という方にオススメなのが、昆虫・お魚・人とのふれあいです。

 

昆虫・虫

doubutu4

小学生の自由研究か、マニアの人のおうちにいる…というイメージのある昆虫。

実はその季節らしさをギュッと凝縮した、日々の生活に沿ってくれる生き物です。

春ならバッタやテントウムシ、夏ならカブトムシやクワガタ、秋はスズムシやコオロギがオススメ。

これからの季節なら、スズムシやコオロギのかなでる音色が秋の夜長を彩ってくれます。

 

お魚

doubutu1

本格的に熱帯魚を飼おうと思うと、設備を整えるのが大変ですよね。

そんな中でも飼いやすいのは金魚。フィルターを入れた水槽はもちろん、水草を浮かべただけの睡蓮鉢でも飼うことができます。

お祭りの金魚すくいやペットショップなど、入手しやすいのも特徴です。

 

人とのふれあい

doubutu5

人も動物ですから、お互いのアストラル体を癒しあうことが出来ます。

だからこそ人間関係のストレスが最も人にとって辛いものになりますし、逆に人間関係のひっかかりがなくなれば驚くほど元気になります。

体がキツイな~と感じる時は、

・好きな人と食事に行く

・家族や恋人、仲のいい友達とハグをする

・エステやリフレクソロジーなどで体に触ってもらう(あまり強く揉むのはNG!筋肉が硬くなります)

こういったことでアストラル体をケアすることができます。

 

元気をくれるモノ・人に感謝を込めて

hie_6

「アニマルセラピーは興味があるけど、なかなか難しい…」

そんな時はぜひ、昆虫や金魚、仲の良い人とのふれあいから足を踏み入れてみて下さい。

意外なほどエネルギーが満ちる感触や、溜まっていたものが抜ける感覚を味わうことができますよ。

そして元気にしてもらった分、相手を労わってあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加