カギは首と腸。熱性けいれんを起こすお子さんの共通点と対処法

child_4

常若整骨院には、小さなお子さんもお客様としていらっしゃいます。

中でも多い症状が、癇癪、夜泣き、そして熱性けいれん。

熱性けいれんの再発を心配する親御さんが意外に多く、よくご相談を受けています。

 

熱性けいれんとは

yonaki_2

熱性けいれんとは、小さなお子さん(生後6か月~5歳)が38度以上の高熱を出したときに起こすけいれんです。

発熱後24時間以内に硬直・意識不明・震えなどを発症し、数分間続きます。

日本の小児の7%が起こすとも言われており、決して珍しい症状ではありません。

熱性けいれんを起こしたことのある子の半分以上は1回かぎりで収まりますが、高熱の度に繰り返す子も見られます。

 

熱性けいれんの原因

yomogi_5

ハッキリした原因はわかっていませんが、遺伝や脳の発達の具合と高熱が掛け合わされることで発症すると言われています。

 

熱性けいれんで常若整骨院にいらっしゃるお子さんの共通点として、

■腸が弱い(お腹を押した時に健康なハリがなく、やわらかすぎる)

■頭~首が硬い(触ってわかる程度のコリやでっぱりがある場合も)

の2つが挙げられま