セルフケアでも、整体とセットでも!あなたの体を最速で回復させる方法5つ

minuki1

常若整骨院では、一人一人の体質やコンディションに合わせて、食生活や日常でのアドバイスを行っています。

その中でも、ほとんどの方に当てはまる「ココを押さえれば体の回復力が跳ね上がる!」というポイントをまとめました。

これを実践してしまったら、もう整体院はいらなくなってしまうかもしれません…。

 

何かを足すより、何かを抜く方が早い・安い・簡単!

atopi_sakeru4
健康を考えたとき、ほとんどの方がまず思い浮かべるのは、

「サプリメントを飲んでみよう」

「ヨガに通おう」

「整体に行ってみよう」

といった、今の生活にプラスする何かではないでしょうか。

 

ですが、今の不調の元になっているのは、今のあなたの生活にある何かです。

この何かを抜くことがまず先決。

そして抜いたスキマを埋めるために、プラスアルファの何かを取り入れましょう。

 

あなたの体を最速で回復させるための方法5つ

child_1
回復のカギを握るのは、糖化タンパク質を減らす・コンビニご飯や外食を減らす・お腹を空かせる・薬の効用と副作用の把握・不調の原因を振り返ることの5つです。

 

①砂糖、炭水化物をなるべく減らす

atopi_sakeru2
砂糖(砂糖、はちみつ、人工甘味料など舌が甘く感じるもの)、炭水化物(ご飯、うどん、ラーメン、パン、お菓子など白い粉で出来ているもの)は、体の中に入ると糖化タンパク質という物質になります。

この糖化タンパク質は、患者さんの不調の原因ナンバーワン。

糖化タンパク質が体内に溜まると、血液がドロドロに→内臓の働きが落ちる→体全体の動きが悪くなります。

糖化タンパク質を減らすことで、血液がサラサラになり、体がラクになるのを実感でき、症状の改善も早くなります。

 

②コンビニご飯、外食をできるだけ減らす

mukumi_1_d
コンビニ食品やファミリーレストラン等の食事は、ほとんど加工食品です。

栄養はほとんどとれず、添加物がどっさり体に入ってきてしまいます。

添加物は本来、体が処理できないものがほとんど。

胃腸に負担がかかるだけでなく、体内に蓄積される、体内の栄養素を外に流出させてしまうなどの問題点があります。

さらに言うと、日本で許可されている添加物の数はイギリスやアメリカの約24倍。

「食品に使われているんだから安全に違いない」とは決して言いきれないのです。

 

③お腹がグーッと言うほど空いてから、食べる

benpi_2
1日3食、規則正しく食べるのが理想だと言われてきました。

しかし、夜お腹がはちきれるほど食べ、翌朝まだ胃がもたれているのに、無理に朝ごはんを食べることはありません。

食べ物を消化吸収している時、体はそちらにエネルギーをほとんど回しているため、回復ができません。

お腹に食べ物がなくなった時に回復モードに入るのです。

ですから、お腹がすいている時間があればあるほど、体は回復しやすくなります。

カゼをひいた時も無理におかゆやヨーグルトを食べず、ただただ寝ている方が字早く良くなります。

 

また、よくあるのが治りかけのドカ食い→症状悪化のコンボ。

治りかけの時が一番養生すべき時。回復を早めたい時は、1日2食や粗食を心がけましょう。

 

④現在服用している薬の効用・副作用を読む

humin_3
今、あなたはどんなお薬を飲んでいますか?

「高血圧の薬」「頭痛薬」「睡眠導入剤」「胃薬」…いろいろ種類はあると思いますが、その薬の主な作用・副作用は知っていますか?

 

例えば、気持ちが落ち着かない、眠れない等の時に良く処方される「デパス」。

頭痛がひどくて眠れない患者さんが、これを飲んでいることがありました。

しかし、よくよく調べてみると、デパスの副作用には頭痛・頭重・めまい・ふらつき・息苦しさなどが記されています。

これでは寝付けない原因の頭痛が悪化してしまう可能性がありますよね。

もらった薬を漫然と飲むのではなく、それがどういうお薬なのかを確認するクセをつけましょう。

 

「なぜ、こういう不調を起こしたのか?」を過去を振り返り考えてみる

humin1_6
「どうしたらこの不調は治りますか?」「この症状もみてもらえますか?」

必ずといっていいほど頂く質問ですが、もっとも重要な問いかけは、

「なぜ私の体はこういう症状を出さなければならなかったのか?」

です。

あなたの体が不調を起こしたのには、必ず原因があります。その原因を取り除くことこそが最速で回復させる方法です。

 

例えば、長年腰痛で悩んでいる方が来院されました。

その方にこれまでのケガ・交通事故・病気・ストレスのかかった出来事を尋ねてみると、

「中学生の時にバスケで足首をよく捻挫していました」

「お腹は小さい時から弱かったです」

という答えが返ってきました。

捻挫を繰り返して足首がズレると、そのバランスを取るために膝・腰の骨がズレます。

また、お腹が弱い人は腸のはたらきを助けるために腰~股関節まわりの筋肉が硬くなってしまいがち。

この人の場合は足首のズレとお腹の弱さを調整することで、腰痛から解放されました。

 

あなたの持っている回復力を信じて活かすことから始めよう♪

niji_1
常若整骨院は、体の不調で悩んでいる方がいらっしゃる所です。

でも、あなたの体を治す所ではありません。

あなたの体を治すのは、あなた自身の回復力です。

私たちがしているのは、回復力の邪魔をしているものを取り除くことと、回復力の存在に気づいてもらうことだけ。

あなたの健康は、いつだってあなたが主役です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加