一人暮らし×デスクワークで体のバランスが崩れる理由と、リカバリー法

minuku4
常若整骨院には、20代のお若い患者さんもよくいらっしゃいます。

一見「一体どこが悪いの?」と不思議に感じるような方がほとんどなのですが、カウンセリングや検査をしてみると、ビックリするほど疲れて弱っています。

とくに一人暮らしでデスクワークをされている方の疲れ方は目を見張るほど。

そこには、「そりゃあ調子を崩しても仕方ない」と思われる理由がありました。

 

実例:Yさん(20代男性)

tosi2

海外でエンジニアをされているYさん。

ここ2~3年、妙に寒がりになられたことと、歩いているとフラフラすることにお悩みでした。

まずは体内の状態をグラフ化して見ることのできる機械「QRM」で検査。電磁波が溜まっている事、首の筋肉が癒着しており、脳への血流が弱まっていることが気にかかりました。

お体をみせて頂くと、仁王立ちで左右から体を押した時、左から押されると簡単にふらついてしまいました。

また、首が非常に硬い状態です。

自律神経整体の検査をしていくと、脳脊髄液の滞り糖化タンパク質に反応がありました。

この2つを調整すると、どっしりと安定感が出て左右から押してもふらつかなくなりました。

 

お話を聞いてみると、お仕事中はパソコンに向かって同じ姿勢を続けており、食事は外食がほとんどだそう。

「毎日の姿勢をちょっと意識して、食事もできるだけ自炊か、自然な食べ物をだしてくれるお店に行ってください」

とアドバイスしました。

 

一人暮らし×デスクワークで、体のバランスが崩れる理由

gouri

Yさんのように、一人暮らしでデスクワーク(同じ姿勢が続く仕事)の方は、一見健康そうに見えるのに体の中が弱り切っている…ということがよく見受けられます。

これは、

■外食やコンビニご飯が多く、添加物や糖質過剰になっている

■添加物や糖質のために、すい臓・副腎・肝臓をはじめとした内臓が弱ってしまう

■低血糖・ストレスへの抵抗力の低下・解毒機能の低下・血液の質の低下

■電磁波と姿勢の影響で首~背骨沿いの筋肉が硬くなり、神経伝達・脳脊髄液の流れが悪い

このようなことが引き起こされているからです。

 

「足す」より「抜く」!一人暮らしでもできる自分の体の守り方

syokuji_1
健康に気をつけようとすると、ついついサプリやストレッチなど何かを「足す」ほうに目が向きがちですが、最も効果的でカンタンなのは健康の邪魔をしている何かを「抜く」こと。

特に食事・毒素・電磁波を抜くことで身体はガラリと変わります。

 

食事を一食「抜く」プチ断食

vitaminc_4
一日一食は、ぜひご飯とお味噌汁だけでいいので、自分で作ったご飯を食べて頂きたいところ。

ですが、それも難しいほど忙しいなら、いっそ一食抜いてしまいましょう。

体は食べ物の消化によって最もダメージを受けます。逆に、お腹がすいている時は内臓の休息・回復タイムなのです。

もしあなたの食事が外食やコンビニメインなら、そこに含まれる添加物を一食分少なくすることができます。

抜くタイミングは夜か朝、睡眠をはさむ時間がオススメです。

 

汗で毒素を「抜く」30分バスタイム

taisya_4
添加物や重金属などの毒素は、ほとんどが脂肪の中に溜まります。

この脂肪の中に溜まった毒素を排出してくれるのが

できることなら毎日、最低でも3日に1回は、湯船にゆっくり浸かって汗をかきましょう。

お風呂は排毒だけでなく、温熱療法にもなりますから、同じ姿勢が続くためのコリ・内臓の弱り・自律神経の乱れにも効果大。

お風呂から上がったら、きれいな水(コップ1杯~飲みたいだけ)・天然塩(ひとつまみ)・オメガ3の油(アマニ油・えごま油などを大匙1)をとりましょう。

汗をしっかりかいた後は、良いものも悪いものも吸収しやすい状態になっていますから、毒素が出ていったスキマにまた毒素が入る前に、良いものでフタをしてしまうのです。

 

寝る前のスマホ断ちで、脳を弱らせる電磁波を「抜く」

humin1_5
スマホやWi-Fiで発せられる電磁波は、脳の神経細胞を破壊してしまいます。

iPhoneの説明には、

 

RFエネルギーへの曝露を減らすために、ハンズフリーオプション(内蔵スピーカーフォン、付属のヘッドフォン、その他の類似したアクセサリなど)を使用してください。iPhoneを持ち運ぶときは、曝露レベルが検査時レベル以下になるように、人体から5mm以上離してください。ケースに金属部品がある場合は、検査または認定されていない方法で、デバイスのRFパフォーマンス(RF曝露ガイドラインへの準拠を含む)が変わる可能性があります。

 

という但し書きをされるほど、実は気をつけないといけないものなのです。

寝る前にスマホを触っていると、そのまま寝落ちして頭に電磁波を数時間にわたり受け続ける可能性も。

寝る前1時間はスマホを触らず、寝る時は寝室の外に置くようにしましょう。それが難しい場合は、せめて体から1メートル以上離して寝るようにしてください。

 

「一人暮らしだから」と諦めないで!

swai_6
一人暮らしをしていると、つい忙しさや面倒臭さに負けて健康がおざなりになりがち。

ですが、もし体調を崩したら、お仕事や生活にも支障が出ます。お金も時間も食われます。

それに「なんとなく調子が悪い」という状態が続くことは、実はかなりのストレス。イライラしやすくなりますし、楽しいことを目いっぱい楽しみにくくもなります。

毎日こまめに「抜く」ことを日課にして、ぜひ元気な毎日を送ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加