2017年の抱負に取り入れて♪自分史上いちばん元気な年にする、毎日の習慣4つ

child_2

2017年、あけましておめでとうございます。

今年はどんな一年にする予定ですか?

仕事、勉強、人間関係、健康、趣味など、やりたいことや目標はたくさんあるかもしれませんね。

そこにぜひ忍び込ませてほしい、あなたの2017年を元気にする習慣をご紹介します。

 

自分史上いちばん元気な年にする、毎日の習慣4つ

swai_6 (1)

やりたいことも目標も、それを叶える心身が元気でなければ達成できません。

そこで、お風呂・粗食・糖質を減らす・スクワットといった、縁の下の力持ちになってくれる習慣をオススメします。

 

お風呂は最低2日に1回、湯船に浸かる

taisya_4

お風呂をシャワーで済ませがちな方は、ぜひ今年から湯船に浸かる回数を増やしてください。

湯船で30分程度しっかり汗をかくと、脂肪に蓄積されている添加物・重金属などの毒素が体外に排出されます。

お風呂から出たら、すかさずキレイなお水(コップ1杯~)・いい天然塩(ひとつまみ)・オメガ3の油(大さじ1~2)を摂りましょう。

汗をたっぷりかいた体は、いいものも悪いものも吸収しやすい状態。悪いものが入る前に、良いものでスキマを埋めるイメージです。

これを繰り返しているうちに、体内はどんどんキレイになっていきます。

 

「そんなに湯船に浸かるなんて、水道代がもったいない!」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、毒素や冷えによる病気の療養費・精神的損害・時間の浪費を考えれば、比べ物にもなりません。

なにより、その考え方は「自分の体よりも目の前のお金が大事」というもの。まずは「目の前のお金よりも自分の体が大事」と逆転させることから始めましょう。

 

1日1食は、ご飯とお味噌汁の粗食を

itiju_siru

内臓に最も負担をかけるのは食事です。

「食べないと力がでない」というのは実は脳の錯覚。その錯覚から目覚め、体を元気にするために、1日1食はご飯・お味噌汁・漬物の、手作り粗食にしてみましょう。

 

■ご飯は、食後にボーッとしたり眠くなりがちな方は、十六穀米や玄米などを。

■お味噌汁に使う味噌は、麦・大豆・米・麹・塩だけで作られているものを。手作りインスタント味噌汁・みそ丸もオススメ。

■残念ながら、本当に発酵している漬物はスーパーではほぼ手に入りません。地元の人の手作り食品を扱うお店や、自分で浅漬けを作るなどがオススメ。

 

普段料理をしない方も、いつも家族にご飯を作っている方も、ぜひ試してみてください。

 

甘いもの・お酒は今までの半分にする

atopi_sakeru3

もしあなたが肩こり・腰痛・頭痛・自律神経症状・内臓疲労に悩まされているなら、絶対にやって欲しいのが甘いもの・お酒を減らすこと。

甘いものやお酒に含まれる糖質は、

■炎症の促進・内臓の機能低下・肌荒れ・ホルモン分泌量の低下・低血糖症・依存症・イライラ・精神的不安定

…などなど、困ったことを引き起こします。

今まで毎日とっていたなら、まずは一日おきにしてみましょう。初めは落ち着かないかもしれませんが、徐々に体が軽くなっていきます。

 

ちなみに「糖質ゼロ」と書いてあるものは、そのぶん添加物などの混ぜ物がしてあるということですから、体への負担は倍増。

糖質に対しては、「食べるなら本物を」「摂ったらお風呂(汗)で出す」という気持ちで臨みましょう。

 

一日10回のスクワットでお尻~太ももまわりを鍛え、体温を上げる

kansetu_2

体温が1℃上がるだけで、免疫力は5~6倍になるという話をよく聞きますよね。

人の体は36.5℃以上で正常に働くようにできています。

ですから、もしあなたの体温がそれ以下なら、あなたの体はまだ本気を出せていないということ。太りやすく、カゼをひきやすく、自律神経は乱れ、下痢や便秘をしがち…という、問題だらけの状態です。

 

体温を上げるときに欠かせないのが、筋肉をつけることです。

体の中で最も大きな筋肉が、お尻まわり。ここを鍛えることでより早く体温を上げることができます。

 

①足を肩幅に開き、上半身を少し倒してお尻をぐっと突き出します。手は頭の後ろへ。

②5秒数えながら、遠くにあるイスに腰掛けるイメージで腰を落としていきます。

③5秒数えながら、お尻を突き出した状態を維持しつつ腰を上げていきます。

④これを10回、「これ以上は無理!」と感じるくらいの負荷(5秒で短ければもっと長く)で行います。

 

体温だけでなくお尻もキュッと上がるので、タイトスカートやスラックス、スキニージーンズがカッコよくきまるようになりますよ。

 

今年をもっと健康に、エネルギッシュに!

suwai_1

いきなりすべてをやろうとすると、三日坊主になってしまうかもしれません。

「コレなら続けられそう」と感じたものから取り入れてみてください。

体が元気になればなるほど、ノイズになる添加物・冷え・過剰な糖質などからは距離を置きたくなってきます。そうなればしめたもの。

あなたの2017年が、今までで一番エネルギッシュな年になりますよう、今年も応援していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加