※動画あり※気分が悪い時・氣が悪い場所に行った時の対処法

kaze1

常若整骨院の患者さんの中には、周囲の悪い氣の影響で体調を崩している方が少なくありません。

「会社の気が悪くって…」

「ニガテな人に会った後の疲れ方が半端じゃありません」

「急に不安になったり理由もなくイライラしたりします」

そういう時は、自分じゃないものの影響を受けている可能性大。

こういう時にカンタンに出来る対処法をご紹介します。

 

すぐ出来るものから浄化アイテムまで♪氣を良くする方法


これらの方法は、例えば

■気持ちがふさぐ、イライラや不安におそわれる

■気の悪い所に出かけた

■人混みに出かけて疲れた

■苦手な人に会った

■ホラー映画を見た後、トイレやお風呂が怖い

■霊的なものが気になる

こんな時に有効です。

 

①柏手を打つ

kasiwade

両手を強く打ち鳴らすことを柏手といいます。

神社にお参りする際にも手を叩きますよね。

柏手を打つと、その音によって周囲の気が浄化されます。

もし柏手を打って音が濁る・響きがほかと違う場所があったら、その場所の気が悪い証拠。

音が澄むまで柏手を打ちましょう。

柏手は空間浄化・自己浄化にオススメです。

 

②ティンシャ(チベタンベル)

thinnsya
ヒーリングアイテムとしても有名なティンシャ(チベタンベル)。

小さなシンバルのような形をしたティンシャは、水平に打ち鳴らすことで空間を浄化することができます。

打ち鳴らしたら、音の響きが消えるまで待つのがコツです。

ティンシャは空間浄化にオススメです。

 

③火打石

hiuti

時代劇などでもたまに見かける火打石。

火には聖なる力があり、浄化のパワーがあるとされています。

玄関や、人の肩の後ろで打ち鳴らすことで氣が清められ、ゲン担ぎにもなるとされています。

火打石は、空間浄化・人の浄化・物の浄化にオススメです。

 

④塩・お酒

sio
手軽に手に入る塩とお酒ですが、浄化効果は大変有名です。

お風呂に入浴剤のように入れたり、シャワーを浴びる時に頭に少量を振りかけると悪いものが洗い流されます。

また、塩を少量のお酒で三角錐に整えた盛り塩は、玄関等のドアの両脇・部屋の隅などに置くことで場の浄化や結界になってくれます。

塩は海水から作られた天然塩、お酒はお米と麹で作られた純米酒を使いましょう。

塩とお酒は、空間浄化・自己浄化・人の浄化にオススメです。

 

⑤お守り

mamori
神社で頂くことのできるお守りは、最もパワフルな浄化・バリアツールです。

カバンなどに付けて持ち歩いている方が多いと思いますが(鈴のついているお守りはそれが正解!)、首から下げる・下着にはさむなど肌に直接触れるように身に着けるとさらに効果的です。

痛みや不快感がある場所をお守りで撫でるのもオススメ。

不眠や寝つきの悪さで悩んでいる方は、枕の下に入れたり頭の下に敷くと良いでしょう。

肌に触れさせて使ったお守りは消耗が早いので、3カ月~半年でお返しし、新しいものを頂くようにしましょう。

お守りは、自己浄化にオススメです。

 

見えないからといって無いことにすると危険な「氣」

nikko_3
氣やエネルギーはほとんどの場合、目で見ることができません。

しかし確かに存在し、人や物に大きな影響を与えています。

「見えないんだからそんなもの無いよ」と悪い氣に巻かれっぱなしになっていると、怪我や病気が増え、愚痴っぽい生活になりがちです。

「見えないけど気持ちよく過ごしたい」と思って整えれば、心も体も軽やかで健康に過ごせます。

ぜひ、悪い氣からは積極的に身を守ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加