食べ物・体質・性格。「自分がどういう生き物なのか」を知れば毎日が楽しい!

guigui2
肩こり、貧血、低血圧、心配性、負けず嫌い、楽天家…

人には様々な体質・性質があります。

しかし、そういった性質のうち、どれが初期設定でどれが後付けで身に付いたものか、ご存知ですか?

自分の生まれ持った性質を知り、後天的に身につけた性質と区別することは、健康・仕事・人間関係などに大いに役立ちます。

カンタンにいうと、生き生きと自分らしく生きやすくなるのです。

 

初期設定と後付け設定

kubikin_7
初期設定とは、あなたが生まれつき持っている性質・体質のことです。

遺伝によるもの・生年月日から統計学的に導き出される種類のものなど様々ですが、初期設定として持って生まれたものは、それが何であれ、その人の人生をその人らしく輝かせます。

半面、「自分らしくいると不都合だから」と初期設定を押し殺してしまうと、心身の健康や人間関係などに支障をきたす場合があります。

 

後付け設定は、生きる上で身につけた習慣やクセや歪みです。

「こうした方が周囲とうまくやっていきやすい、という処世術」「デスクワークで知らず知らず姿勢が悪くなっていく」などが挙げられます。

後付け設定の全てが悪いわけではありませんが、初期設定と著しくかけ離れたクセが身についてしまうと、体調不良や精神的なつらさ等を抱えてしまう場合もあります。

 

初期設定と後付け設定の見分け方

tebanasu_2

初期設定と後付け設定のちがいを見分けるのに便利なモノサシとして、①子供の時の性格や好き嫌い、②星占いや動物占い等の統計学を利用した占いが挙げられます。

 

子供の頃の性格や好き嫌い

child_1
小さな頃の性質の多くは、外側の影響に歪められない初期設定であることがほとんどです。

 

■どんな性格で何をするのが好きだったか

■何を食べるとお腹を壊したり調子を崩していたか

■どういったことで怒られたり注意されたりしていたか

 

こういった情報は、あなた本来の設定を知ることに大いに役立ちます。

例えば、踊ったり歌ったりするのが好きだった人は、今でもそれが素晴らしいストレス解消になります。

また、よく大声でしゃべって怒られていた人は「人前で話すのが苦手」「声が小さくてよく聞き返される」といった後付け設定になっている可能性があります。

 

星占いや動物占い等の統計学を利用した占い

rikigat_1
星占いや動物占い、四柱推命といった生年月日を利用した占いは、あなたの初期設定をわかりやすく説明してくれていることが多く、オススメです。

しかし「この占い当たってないな」と感じることも多いもの。

それは、占い手がうまく説明できていないか、あなたの自己認識が初期設定からズレてしまっているかのどちらかだから。

まずは、無料でできる星占い・動物占いで自分がどのような性質なのかをチェックしてみましょう。

そして「当たってないな」と思う箇所を見つけたら、子供の時の自分はどうだったか、今の自分が占い結果からズレる要因が過去になかったか、などを思い返してみましょう。

 

私ってどういう生き物?知っておきたい体質・性質

doubutu6

健康にイキイキと生きるうえで、知っておきたい自分の体質・性質は…

■何を食べたら元気になり、何を食べると調子を崩すのか

■どういったことに強いストレスを感じ、何をしている時にストレスが解消されるのか

■本来はどういう性格で、今の性格のどれが後付けなのか

■陥りがちな不調は何か

といったものです。

 

食事

abura3
自分に合う食べ物を調べる時に重要なのは、情報よりも自分の体が実際どう反応するかです。

以下のような食べ物・食事療法をした時、自分が元気で軽やかになるか、それとも重たく疲れやすくなるか、注意深く観察してみましょう。

ただし、コンビニご飯やお菓子、外食が多い方は添加物や砂糖中毒によって正常な反応ができなくなってしまっている場合も。

まずは手作りごはん(ご飯・味噌汁・焼いた肉と野菜だけでOK)でリセットしましょう。

 

数種類の食材が載っている項目は、「どれはOKだった」「どれはNGだった」「項目全てNG」「項目すべてOK」という風に細かくチェックしてみるのがオススメです(もちろん「粉モノ」「乳製品」などの大くくりでも大丈夫)。

 

■菜食寄り(マクロビ・玄米・まごわやさしい)の食事

■肉食寄り(MEC・糖質制限)の食事

■水分をしっかり摂る・摂りすぎない

■粉モノ(そば・うどん・パスタ・パン・焼き菓子)

■乳製品(牛乳・生クリーム・チーズ)

■四つ足のお肉(豚・牛・羊・馬)

■鶏肉(鶏・鴨・合鴨)

■卵(生・加熱)

■甘いもの(白砂糖・黒砂糖・きび砂糖・みりん・蜂蜜)

■油(サラダ油・菜種油・米油・オリーブオイル・亜麻仁油)

 

性格

erabu_3
自分で「これは性格だから仕方ない」と思っていることの8割は、怒られた・イヤな目に遭った等の要因で作られたズレや歪みです。

生まれ持った性格は、子供の時の性質・星占いや動物占いなどである程度把握することができます。

自分の現在の性格の、どれが初期設定でどれが後付けなのかをより分けてみましょう。

 

もちろん、カッとしやすい性格に生まれついたからといって、穏やかでいようとすることが悪いわけではありません。

しかし「カッとしやすい自分」を押し込めすぎると、活気を失ったり内臓の不調に悩まされる可能性が出てきます。

本来の自分を肯定しつつ、周囲とうまく折り合うためのエチケットやマナーを身に着けておく程度に考えてみると、初期設定を歪めすぎずに済みます。

 

■怒りっぽい

■血気盛ん

■負けず嫌い

■正義感が強い

■心配性

■怖がり

■神経質

■おおらか

■大雑把

■フットワークが軽い

■ミーハー

■飽きっぽい

■凝り性

■腰が重い

■母性本能が強い

■甘えんぼ

■世話焼き

■潔癖症

 

よく陥る不調

huhu_3
不調は「無理をしすぎ」「本来から離れすぎ」というサインです。

陥りやすい不調によって、自分がどのようなズレを起こしているのかも把握できます。

星占いや四柱推命では起こりやすい不調を解説してくれるものもありますから、照らし合わせてみるのもオススメです。

以下の症状のカッコ内は、その状況に陥る原因としてよくあるものです。自分を振り返る参考までに。

 

■肩こり・首こり(緊張している、自分を良く見せようとしすぎている)

■緊張型頭痛、偏頭痛(頭を悩ませていることがある)

■のどの詰まり・息苦しさ(言いたいことが言えないでいる)

■花粉症・アレルギー・アトピー(人を信用できない、心配性)

■胃もたれ・逆流性食道炎・食べ過ぎ飲みすぎ(受け入れられない、消化できないことがある)

■便秘・下痢(感情表現や伝えたいことがうまくいかない、何かを溜め込んでいる)

■肌荒れ・シミ・そばかす(腸の不調、何かを溜め込んでいる)

■不眠・寝付きが悪い(交感神経優位)

■イライラ・不安・うつ(人に気を配りすぎて自分がスカスカになっている)

■肝臓の数値異常・胆のう炎(いつも何かに怒っている、正義感が強すぎる)

■すい臓の不調・糖尿病(甘えたい気持ちの過剰、大人になりたくない)

■腎臓の不調・膀胱炎(水に流せないことがある、生きる気力の低下)

■高血圧・低血圧・心臓まわりの不調(行き過ぎた快楽主義や禁欲主義、体に出るほどガマンしていることがある)

■生理痛・生理不順・生殖器まわりの不調(女に生まれたこと、男に生まれたことへの不満、父母への不満)

■耳鳴りや聴力低下などの耳の不調・緑内障などの目の不調(聞きたくないこと、見たくないことがある)

 

みんな違う生き物・違う状態だから…

warahon2
「ヴィーガンがいい」「糖質制限がいい」「常に高みを目指すべき」「自分の時間を大切にするべき」

健康や生き方に関する情報は、自分に合うものも合わないものも入り乱れて存在しています。

どれが正解かどれが間違いかではなく、どれが自分に合うかという視点で選ぶことが大切。

そのために必要なのは、「自分はどういう生き物なのか」を知ることです。

お肉で元気になる人もいれば、野菜で元気になる人もいる。

人当たりが良く人脈を広げるのが得意な人もいれば、目立たないようでツボを押さえた言動ができる人もいる。

みんな違う生き物、違う状態にいます。

自分らしさを歪めずに、バージョンアップしていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加