福岡市早良区 うつ病・パニック障害から立ち直った患者さんの特徴

「薬に頼らない生活を送りたい」初診でよく言われる言葉です。

 

今まで多くのうつ病・パニック障害の患者さんをみてきましたが傾向としては

立ち直った方は・・・何か目標があり、それに向けてがんばれる。
自分が変わることにためらわない人。ポジティブ思考

立ち直れない方は・・・何か理由をつけて変わろうとしない人。
何かに頼っている。マイナス思考。人のことを信用していない人

私たちがやれることは立ち直れる体に戻すことまでで
患者さんがこのままではいけないと自分で気づいてもらい、変わるために必要な行動してくれるのを待つだけです。

考えが変わると全てが変わります。今まで立ち直った患者さんが証明してくれています。

変わりたいと強く願っている方に対しては全力で応援させてもらいます!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加