福岡市早良区 関節痛の原因

手関節・肘関節・肩関節・股関節・膝関節・足関節などの原因は

体の重心が左右どちらかに傾いているからです。

当院で重心の検査を最初にするのですがほとんどの方は重心バランスが悪いです。

患者さん自身で傾いている気がするという方が少数いらっしゃいますが多くは自覚していないです。

 

なぜ重心が傾いてくるのか?

当院では頭蓋骨・背骨・内臓・経絡・チャクラなど総合的にみています。
食べ物・睡眠・姿勢・考え方・怪我の後遺症などにより

バランスが崩れて重心バランスが悪くなります。

バランスが崩れると内臓は重くなり下に下がったり背骨・頭蓋骨に目に見えないズレを生じたりします。

体の中をスムーズに流れていたエネルギーが滞り経絡・チャクラが通りにくくなります。

 

例えば

若い頃バスケットボールをして右足の捻挫をよくしていたとすると
足の靭帯が度重なる捻挫で硬かった靭帯が緩くなっていき、

ジャンプした後の衝撃を足で和らげる事がだんだんできなくなり

次第に膝でかばうようになり膝も疲れると次に股関節でかばうことになり・・・とだんだん上に上がっていきます。

かばってばかりいると元気だった頃の重心ではなくなってしまい、
力が出ない・疲れやすくなるなどでパフォーマンスがかなり落ちてしまいます。

自分では重心に関してはどうなっているのかはわからないと思うのでここはプロにおまかせして

重心が中心にきて一番良い自分に戻してあげてくださいね。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加