福岡市早良区 腱鞘炎がなかなか改善しずらい時の原因は手首にはない?

腱鞘炎のタイプは2種類あり
改善しやすいタイプと改善しにくいタイプがあります。

改善するタイプは手首を使わないことで回復する症状が軽いものでどこに行っても良くなります。
改善しにくいタイプは手首には原因がないタイプで原因が違うところにあり

手首を休ませても改善しにくいことが多いです。

 

原因はどこにあるか?

肩や股関節にあります。

「どこに行っても腱鞘炎が治らなかった」と言われて来院してくる患者さんに一番多いパターンのが
猫背+首+肩 の調子が悪いパターンです。
次に多いのがストレスが原因でなる方です。(これは女性に多いです)

なぜ多いか?
腱鞘炎は手首に負担がかかっている方に多いのですがそれだけでなることはあまりありません。
仕事の疲れ・ストレス・食べ物・やっていたスポーツの疲労の蓄積などの原因で
猫背となり肩が前に巻いた感じになり首は前に出てストレートネック気味になります。
この状態で手首をよく使うと肘に負担がかかりやすくなり
肘の動きが悪くなり手首にかなりの負荷がかかり痛みが出る可能性が高まります。

腱鞘炎に対して痛み止めやサポーターを使用しても治りづらいのは

肘・肩・首の調子が悪いのに手首だけ目を向けても良くはなりません。

 

どうやったら良くなるのか?
体全体を診てくれるところに行くと本当の原因を探し出しあっと言う間に治してくれます。
特徴は

・ホームページが自信ありそうなところ

・内臓が得意なところ

・値段が高いところ

です。

腱鞘炎で手術してしまうのはとても残念なことです。
手術してしまうと体に傷をつけてしまい、もう元の手には戻りません。

出来たら手術はしないで改善してあげてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加