福岡市早良区 40肩50肩

40肩50肩は症状に適した対策や治療法をする必要がある

40肩50肩の症状には急性期と慢性期があって、症状の変化に適した対策や治療法をする必要があるので、それぞれの時期の特徴をしっかりと把握しておくと良いです。
また、腕を上げられない、肩が痛む、中年だからといった理由だけで自己診断することはとても危険で、間違いやすい病気もあるので知っておくと役立ちます。

40肩50肩を発症すると腕を動かした時などに突然激しい痛みを感じるのが一般的で、このように肩と腕の痛みが強い時期のことを急性期と言います。
炎症が酷い時期でもあるため特に動かさなくても痛むことがあって、とにかく痛みに悩まされる時期です。
また、二の腕や手の先にまで痛みが伝わることやしびれを伴うことがありますし、夜寝ている時に痛みが激しくなる夜間痛が特徴としてあります。
ただ、通常はこのような激しい痛みは数日で治まりますが、適切な処置をしないと痛みが継続してしまう可能性があります。

急性期で大切なことは安静にすることで、痛みが発生するような動きをしないように注意する必要があります。
特に無理をして肩を動かすと症状が悪化してしまうので、できる限り重い物を持つことなどは控えるべきです。
それから急性期の痛みは炎症が原因のケースが多いので、保冷剤や氷を包んだタオルなどを使用して患部を冷やすと効果的です。
このような急性期の痛みは少しずつにぶい痛みに変化して、約1~2ヶ月程度で慢性期にはいっていきます。

慢性期になると安静時は痛みをほとんど感じなくなるほど治まってきますが油断は禁物で、無理に動かしたり急に動いたりすると痛みが再び起こる可能性があります。
それから急性期の炎症の影響で筋肉が収縮して硬くなっているため、関節の可動範囲が狭まり腕を動かしにくくなると言った特徴が慢性期にはあります。
特に、腕を上げる動きや後ろに回す動作ができなくなって、これは肩関節拘縮と呼ばれる運動障害で、着替えや洗髪など日常生活の動作に支障をきたすようになります。
慢性期にはいったら痛みを感じない範囲で適度に肩を動かすことも必要で、肩に負担となることは避けて効果的な体操やストレッチを始めると良いです。
それにより肩関節拘縮が改善してくると、徐々に腕を動かせるようになってきて、症状が改善されてきたこの時期を回復期と言います。
一般的に慢性期は半年から1年程度継続することが多いので、根気よく先に触れた運動療法などを続けることです。
また、慢性期に入ったら整体や整骨院で治療を受けることも検討してみると良いです。
このように急性期と慢性期の症状は大きく違いますし、治療も違ってくるので症状を確認しながら適切な対処をしていくことです。

中年になって肩にトラブルが発生すると40肩50肩と考える方も多いですが、類似した症状があらわれる病気も数多くあるのです。
外的な衝撃を受けて発症することが多い腱板炎、その他にも腱板断裂・頚椎症・変形性肩関節症などが間違いやすい病気です。
また、リウマチ・心筋梗塞・肺の腫瘍といった病気が原因で起きている可能性もあるので注意が必要です。

 

福岡市早良区 40肩50肩なら、「常若整骨院」にお任せください。

首・肩〜手・手の指について詳しくはこちら

首・肩〜手・手の指

首・肩〜手・手の指に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加