福岡市早良区 産後の骨盤矯正

kubikin_5

産後の骨盤矯正は体調や症状を考えて治療先を選択する

妊娠すると出産準備として産道と骨盤を広げるために、リラキシンというホルモンが分泌されて骨盤周辺の靱帯や関節を緩めます。
出産を終えるとリラキシンの分泌は徐々に止まって子宮は回復へと向かうのですが、妊娠・出産により開いた骨盤は数ヶ月の間は不安定な状態です。
その為、この期間にしっかりとケアをしないと、腰痛・尿漏れ・恥骨痛・下半身太りなどといった様々なトラブルを引き起こすことになるので注意が必要です。
昔なら2世代や3世代で生活していたので産褥期に体を休めることも可能でしたが、近年は核家族化が進んでいることからなかなかゆっくりと休めない状況にあります。
その為、様々な体調不良を抱えながらも新生児期のお世話をすることになって、お母さんにとっては大きな負担になりますし、徐々に体重が増えると抱っこをすることも一苦労になってしまいます。
このような状況を回避するためにも産後の骨盤矯正が必要で、自宅でできる改善方法もありますが、できることなら専門家による骨盤矯正を受けることがおすすめです。

産後の骨盤矯正する場合に、整体院・整骨院・整形外科といった場所が考えられますが、どこを受診すると良いのか迷うこともあります。
そこで、それぞれの違いや特徴を知っておくと、選択する参考として役立ちます。

整体は骨格のずれやバランスを整えてくれる効果が期待できて、妊娠・出産で開いた骨盤を矯正するのにおすすめです。
ただ、整体師は民間資格なので知識や技術に差があるので、実績と経験のある整体院を選んで施術を受けると良いです。
また、産後すぐは骨盤がゆるい状態でダメージを受けやすいですし、母体の体調も戻っていないので、産後1ヶ月健診で体に異常がないことがわかってから施術を受けるように心がけることです。
最近では、赤ちゃん連れでも対応してくれる治療院も増えていますし、出張整体というのもあって自宅に来て施術をしてくれることもあります。

整骨院での骨盤矯正は時間をかけてゆっくりと体を治してくれるので、きちんと施術をしてもらいたい人におすすめです。
整骨院は柔道整復師という国家資格を取得している専門家が対応してくれますが、産後のケアに慣れていない人もいるので、整体院と同様に実績や経験を確認することが大事です。
また、整骨院での産後ケアについては保険が適用されないので、その点は認識しておく必要があります。
施術を受ける時期ですが、これも整体と同様に産後1ヶ月健診で問題がないと診断されてからが良いですし、体調に不安がある人や帝王切開・会陰切開をした人は医師の許可を受けてからが安心です。

腰痛などの症状が酷くて医療機関において診療を受けたいという人は整形外科がおすすめで、産後1ヶ月健診時にでも医師に紹介状を書いてもらうと良いです。
ただ、整形外科では骨盤矯正のような根治療法ではなく対症療法となるので、その点を理解しておく必要があります。
いずれにしても産後の骨盤矯正は、体調や症状に適した施術をしてもらえるところを受診することです。

福岡市早良区 産後の骨盤矯正なら、「常若整骨院」にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加