福岡市早良区 顎関節症をチェック

あごが痛い
口が開きにくい
顎周辺から音が聞こえる

等の症状に悩んでいる方は、「顎関節症」を疑いましょう。
ここでは、「顎関節症」について説明します。

【顎関節症をチェックしてみよう!】

自分が、「顎関節症」なのかを確認してみましょう。
以下の項目に該当する数が多い場合は、早めに検査を受けてください。

・口を大きく開いたとき、縦方向に、人差し指から薬指までの3本が入りますか?
はいりにくい、入れようとすると顎が痛い、という場合は赤信号。

・口を大きく開いた状態から口を閉じるときに顎に痛みはありますか?
そのとき、ガク、パキと音が鳴ったら要注意。

・口を大きく開いたとき、まっすぐに開きますか?
閉じるときに、顎が左右に揺れるのは、赤信号。

・干しイカやするめ、など硬いものを食べられない、食べると痛いですか?
噛むたびに、アゴ周辺から音が聞こえる、という場合は、要注意。

【顎関節症とは】

顎が痛む、口が開かない、顎を動かすと音がなるのうち一つ以上の症状があって、診断の結果、他の疾患がない場合は、顎関節症です。
最近では、MRI診断等で異常を確認する事ができるようになっていますので、専門外来などを受診してください。

顎関節とは、頭の骨の窪みに、下あごの上先端の骨が入り込む形で繋がっており、動きをスムーズにするため、そのつなぎ目にクッションの役割りをする「関節円板」があります。

関節円板は、コラーゲン繊維の固まりで、それによって、顎のスムーズな動きが保たれています。
しかし、大きな力が持続的に顎周辺に加わると円板にズレが生じてしまい、正常な開閉が出来ず、顎関節症等の症状が発生。

関節円板がズレる要因として、歯の噛みあわせが悪かったり、歯ぎしりやかみしめ癖、交通事故などのむちうち、ストレスなど複雑な要因が考えられます。
近年特に増えているのが、ストレスによる影響です。

また、若い女性の場合、過度の食事制限によるダイエットの影響で、物をかむという習慣がなくなり、その結果、顎を支える筋力が低下し、それが円板がズレる要因になっているとも。

【顎関節症の予防は?】

一番大事な事は、顎の関節に負担をかけない事です。
例えば、うつ伏せになって眠らない、睡眠不足にならない、硬すぎる食べ物ばかりを食べない、ストレスによる歯ぎしり、かみしめ癖、を予防する、等があります。

ストレスによる歯ぎしりやかみしめ癖は、ストレスそのものを改善しなければ、いけません。
またストレスは、自律神経の乱れを引き起こし、顎関節症だけでなく、全身にかかる不調の要因にもなりますので、早めに対処しましょう。

整体や整骨院では、顎関節症に関わる、全ての問題解決に期待できる施術に対応しています。
全身の筋肉をほぐしながら血行を促進することで、リラックス効果がはかり、ストレスを解消。

それにより歯ぎしりや噛みしめが解消されるので、顎関節症予防が期待できます。
さらに、かみ合わせの悪さを引き起こす体のゆがみも矯正できます。

顎関節症を効果的に予防したい、症状をこれ以上悪化させたくない、という場合にも整体や整骨院の施術は最適です。

福岡市早良区 顎関節症をチェックなら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加