福岡市早良区 起立性調節障害を改善

起立性調節障害は、自律神経失調症の一種です。
体が急速に育つ、思春期のお子様によく見られる症状なので、この機会に理解してください。

【起立性調節障害とは】

朝何度起こしてもおきられない
午前中にすっきりせず、授業についていけない
夕方から夜にかけて活発になり深夜遅くまで起きている

など、お子様にこのような症状が見られたら、「起立性調節障害」を疑いましょう。
自律神経の乱れが起こりやすい成長期は、血圧の調整がうまく働かず、立ちくらみや疲れ、等の症状が見られます。

しかし、その症状が、「さぼり」「怠け」「やる気のなさ」と判断されることから、お子様にとっては、すごく辛い状況です。
保護者など身近な方が、理解しなければ、改善どころか、それを機に不登校やいじめ、引きこもりになってしまうこともありますので、注意しましょう。

■自律神経失調症って?

自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つの神経のバランスで成り立つ神経で、全身の機能に深く関わっています。
交感神経は、体を活発に動かす時に優位に働き、副交感神経は、体を休める時に優位になります。

このバランスにより、朝から夕方にかけて、体は活発に活動し、そして、疲れた体を癒すため、体は夕方から夜にリラックスモードに切り替わります。
しかし、このバランスが崩れると、活発に動かなければならない午前中に体がだるく、眠い。

休息しなければならない夜に体が活発になり眠れない、夜型になる、という状態が発生。
また、血圧を上手にコントロールできず、座った状態から立ち上がった時に血液を戻す事ができずに立ちくらみ、めまい、気分が悪い、という症状が発生します。

そのため起立性調節障害は、自律神経の乱れが深く関係している、と言われているのです。

【起立性調節障害を改善するには】

起立性調節障害は、成長により次第に回復する、といわれていますが、その状態が長引くと学校の授業についていけない、朝起きられないため、遅刻を繰り返す、そのたびに先生に怒られて学校に行くのが嫌になる、結果、不登校や引きこもりになる事も。

病院の治療で思うような結果が得られない場合は、整体や整骨院、接骨院等の施術も検討してください。
東洋医学は、古くから自律神経失調症に対する治療実績が高く、もちろんお子様を悩ます起立性調節障害に対する治療効果も期待できます。

病院とは異なるアプローチで改善を試みる事ができるので、両方の良いところを上手に取り入れることで早期改善を目指す事ができるでしょう。
日常生活できる方法としては、まずは、保護者が、起立性調節障害に対する理解を深める事です。

お子様の辛い症状の原因を理解することで、焦らず、正しく対応できます。
例えば、朝、スムーズに起きられない場合は、無理を強要するのではなく、10分、20分、30分と少しずつ、起きる時間を早める努力をしましょう。

また、朝陽をたっぷりを浴びることで、自律神経のオンオフの切り替えが上手くいくようになるので、お子様の部屋の環境を変えてみるのも一つの方法です。
その他にも、夜は決まった時間に就寝できるよう、眠る2時間前までにスマホやPC、ゲームを終了する習慣をつけましょう。

起立性調節障害は、規則正しい生活を少しずつ体に覚えさせることで、自律神経の乱れが整い、症状が柔らぐこともあります。
無理をせず、焦らず、ゆっくりとお子様と一緒に向き合ってみてください。

福岡市早良区 起立性調節障害を改善なら、「常若整骨院」にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加