福岡市早良区 呑気症候群の場合

【呑気症候群の原因と症状】
呑気症候群の原因は、以下が挙げられます。

・早食いのクセがある
・パソコン作業などうつむき加減の姿勢が多い
・のみ込む時にクセがある
・不安や精神的ストレスがある
・歯をかみしめるクセがある
・少ししか食べていないのに吐き気があって食欲がない
・お腹が締め付けられる感じで苦しい
・入れ歯や差し歯が合っていない
・口を動かすクセがある
・鼻呼吸が苦手で口呼吸ばかりしてしまう
・うつ病

このような原因で呑気症候群になってしまい、大量の空気を無意識の飲み込んでしまうことにより発生してしまいます。
特に、ストレスで呑気症候群が多い傾向があり、20~50代の女性に多いと言われています。

なんと、呑気症候群は通常の状態よりも胃に溜まる空気の量が3倍も多くなってしまいます。
そして、以下のような症状が出てしまいます。

・胃の不快感、痛み
・お腹が張る
・げっぷが出やすい
・オナラが出やすい
・体の中で空気が移動することで音が出る

【呑気症候群の改善方法】
辛い呑気症候群は、セルフケアでも改善できますよ。
どのようなセルフケア方法があるのか、以下にご紹介していきます。

・呑気症候群という症状を理解する
1番は、呑気症候群を理解することです。
呑気症候群の空気を飲み込む機能や呑気症候群の症状が出てしまう仕組みを理解することで、無意識に改善へとみちびくことができます。
呑気症候群の症状に対して不安がなくなるので、徐々に改善していくケースが多いです。

・気分転換でストレス発散
呑気症候群の多くの原因はストレスですので、ストレスを発散することで呑気症候群の症状が少しずつ弱まっていきます。
気分転換でストレスを発散して、気分がリラックスしていくことで改善していきますよ。
アロマオイルで気分をリラックスさせたり、十分な休養を取ることもストレス発散につながりますよ。

・不安や緊張を取り除く
不安や緊張がストレスとなるので、不安や緊張を取り除く効果を発揮することで呑気症候群の改善へとみちびくことができます。
深呼吸をしたり温かいお茶を飲んでみたり、リラックス効果を発揮させることで不安や緊張をやわらげてみましょう。

・マウスピースの装着
専用のマウスピースを装着することで、かみしめ具合がわかるようになります。
かみしめ状態を改善することで、呑気症候群の症状が改善していきます。

・早食いを改善する
早食いは、一緒に空気を多く取り込んでしまうので、呑気症候群になってしまう傾向があります。
時間をかけて食べて飲み込むことで、症状が緩和されていきますよ。
また、体内に空気を溜めこみやすくしてしまい、炭酸飲料やビールは控えるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
呑気症候群かなと思ったら、まずはセルフケアで改善へと導きましょう。
ほとんどの呑気症候群の場合、これらのセルフケアで改善していきます。
治らない場合は病気の可能性もありますので、消化器内科で相談をすると良いでしょう。

福岡市早良区 呑気症候群の場合なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加