福岡市早良区 半月板損傷の予防

【半月板損傷の症状と原因】
半月板は、ビザのクッションとなって膝の円滑な動きをサポートしている存在です。
そんな半月板が損傷してしまうと、こんな症状が発生してしまいます。

・歩くときに痛みを感じる
・階段の上り下りに痛みを感じる
・ヒザを深く曲げる時や膝を完全に伸ばした時に痛みを感じる
・座ると痛みを感じる

このような違和感や痛みを感じたら、半月板損傷が考えられます。
どれも一般の生活には欠かせない動きなので、困ってしまいますよね。

でも、このような痛みは誰でもよくある痛みと思う人も多いと思います。
そのせいか、半月板損傷になっているにもかかわらず、改善しようとしない人も少なくありません。
しかし、半月板損傷というのは、想像以上に恐ろしい症状です。
半月板損傷を放置しておくと、恐ろしい状態になってしまうことがあるからです。
1番は、ロッキングという症状が起きてしまうことです。

ロッキングといのは、半月板損傷により関節に引っかかりが起きて、激しい痛みと一緒にヒザが急に動かなくなる症状です。
ロッキングを経験すると驚くほどの痛みに襲われてしまい、パニックになってしまう人もいるほどです。
ロッキングになることは珍しいことではなく、発生してしまう人は少なくありません。
ロッキングになっても、その後ヒザが全く動かなくなる訳ではありません。
ゆっくり動かすことで、ロックがかかった状態から改善されます。
しかし、恐ろしい症状ですので、できれば起こしたくないですよね。

半月板損傷を起こしてしまう原因は、以下が挙げられます。

・スポーツによるケガ
・加齢
・体重の多さ
・何らかの影響でヒザに強い衝撃が加わった場合

これらの原因により、半月板に繰り返し外力が関わって損傷してしまうと言われています。
【半月板損傷の予防】
半月板損傷というのは、想像以上に恐ろしいですよね。
半月板損傷にならないように、日ごろから予防をしておくと良いですよ。
半月板損傷の予防は、これらが挙げられます。

・いきなり運動しない
いきなり運動をすると、ヒザに大きな負荷がかかりすぎてしまい、半月板損傷になりやすくなってしまいます。
運動をする前は、必ず準備体操などをして体の運動性を高めてから動くようにしましょう。

・体重を減らす
体重はヒザへの負担を大きくしてしまうので、重い体重は良くありません。
体重が多い人は、多重を減らしてヒザへの負担を軽くしましょう。
特に加齢の場合は、体重の多さで半月板損傷になってしまうケースが多くあります。
軽いエクササイズや食事制限からでもいいので、体重を徐々に減らす努力をしましょう。

・サポーターやテーピングを使う
ヒザへ不安がある場合は、サポーターを付けることでヒザへの負担を改善させることができますよ。
市販で売っているサポーターでOKですので、付けて過ごしてみるといいですよ。

いかがでしたでしょうか。
半月板損傷というのは、誰でもなる可能性があります。
ならないようにするためには、日ごろから予防をしておくとよいですよ。

福岡市早良区 半月板損傷の予防なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加