福岡市早良区 肘内障の原因

【肘内障の原因】
肘内障は、小さい子供に多く発症してしまう症状です。
6歳までの子供に、発症率が多いと言われています。
6歳以下の幼児期はヒジの関節がしっかりしていないので、少しの圧を掛けるだけで亜脱臼のような肘内障になってしまうことがあります。
肘内障になってしまう原因は、これらが挙げられます。

・腕を強く引っ張った時
・転んで地面に手を着いた時
・不自然な姿勢で寝返りを打った

このような、肘にかかった圧力により肘内障になってしまうことがあります。
多くは腕を引っ張ったことで発症しますが、手を着いたり腕を下にして転がる場合でも肘内障は発症することがあります。
幼児期の子供の腕の関節というのは非常に弱いので、注意して対応をしなければいけません。

肘内障になったら、以下のような症状が表われます。

・腫れていないけれど肘が痛い
・肘を曲げることができない
・肘を触れるのを嫌がる
・腕がダラーンとした感じで動かない
・前腕部分が内側を向いている

このような状態が見受けられた場合は、肘内障を疑うようにしましょう。
肘内障を発症してしまう子供は、意思の疎通ができない年齢の場合もあります。
そのため、親が子供の変化に気付いて上げることが大事となります。

6歳くらいになると靭帯がしっかりしてくるので、肘内障は再発しにくい傾向があります。
しかし、1度肘内障になってしまうと繰り返す恐れがあるので、気を付けるようにしましょう。
【肘内障は専門医に診てもらうことが大事】
子供が肘が痛くて泣いてしまったら、親としては一刻も早く治してあげたいと思うものですよね。
親が頑張って、子供肘を動かしてどうにか治らないかとやってみたくなる気持ちもわかります。
しかし、知識がない素人が関節に対して余計なことをすると、余計に症状を悪化させてしまうこともあります。
絶対に素人が自己判断で治療などせずに、専門医に診てもらうようにしましょう。

病院での診断は、どこが痛みを感じているのかの触診を行います。
肘内障の発症が確実な場合は、整復術にて元の位置に関節を戻します。
整復術の際は、骨を元の位置に戻す際に痛みを感じてしまいます。
しかし、骨が元の位置に戻った瞬間痛みはスッキリ無くなります。
ほんの少し一時痛みを感じてしまいますので、子供には我慢をさせるようにしましょう。
その後、自宅で安静して改善へとみちびきます。
激しく動かすと再発してしまうことがあるので、自宅でしばらく安静にすることが大事となります。
また、肘内障の発症が疑えない場合は、X線検査で状況を細かく確認します。

その後、学童期になるとほとんど発症しなくなります。
成人で肘内障になることは、ごくまれです。
そのため、幼児期だけ注意すべき症状といえます。

いかがでしたでしょうか。
肘内障は、幼児期特有の症状です。
幼児期は腕の骨折がしっかりしていないため、ちょっと圧を掛けることで起きてしまいます。
もし肘内障が起きてもあたふたせず、冷静な判断でお医者さんに相談をしましょう。

 

福岡市早良区 肘内障の原因なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加