福岡市早良区 肘部管症候群の改善方法

【肘部管症候群の原因】
肘部管症候群は、初期段階は小指と薬指の一部分にしびれが発生します。
状態が進行すると、小指と薬指の形が変形してしまうこともあります。
手の形が変わってしまうので、とてもガッカリしてしまいます。
そんなことにならないよう、肘部管症候群の知識を知って改善へとみちびきましょう。

肘部管症候群は、以下のような原因で発症すると言われています。

・加齢により肘の変形
・野球や柔道のように肘を酷使するスポーツ
・過去の骨折などによる肘への影響
・肘の酷使
・肘に大きな負担をかけた生活
・関節リウマチ
・習慣性脱臼
・先天性の異常

肘部管症候群は指が痛くなりますが、原因は肘にあります。
何らかの原因でヒジの内側にある尺骨神経が圧迫されて、肘部管症候群となってしまいます。

肘部管症候群の症状は、肘の内側をたたくと小指と薬指にしびれが走ります。
特に、肘を曲げると症状が強くなります。
具体的には、以下のような症状が出ます。

・小指や薬指にしびれが出る
・親指や人差し指、中指にはしびれは一切出ない
・片方の手だけにしびれが発生する

これらに当てはまる人は、肘部管症候群の可能性があります。

放置して悪化してしまうと、箸が使いづらくなったり指先の細かい作業ができなくなるなど、様々な障害が出てきてしまいます。
【肘部管症候群の改善方法】
軽度な肘部管症候群であれば、自己ケアで改善ができます。
簡単で誰でもできる肘部管症候群の自己ケアを、ご紹介します。

・安静
1番は、安静にして余計な圧をかけないことです。
腕から指まで負担をかけず、安静にしましょう。

・頬杖をつかない
頬杖をつくと、神経が引き伸ばされてしまい圧迫されて痛みがひどくなってしまいます。

・寝る姿勢に気を付ける
睡眠中に腕や指に大きな負担を掛ける寝方も、肘部管症候群を発生させてしまいます。
腕や指に負担を掛ける寝方はせず、腕や指をフリーな状態にしましょう。

・アイシングを行う
安静にプラスしてアイシングを行うと、かなり痛みが楽になっていきますよ。
冷湿布やアイスノンなどを使って、痛みをやわらげてみましょう。

また、セルフケアで改善しない場合は、お医者さんの元で治療となります。
基本的には手術はせず、以下のような治療方法を行っていきます。

・注射
肘部管部分にステロイド注射を打つ事で、炎症を抑える治療方法です。

・内服薬療法
肘部管症候群の神経痛や末梢神経障害を回復させるために、ビタミンB12が処方されます。

・リハビリ
病院で行うリハビリは、電気治療やマッサージ、ストレッチの療法となります。
電気療法は痛みがかなり治まっていくので、痛みがひどい人にはオススメです。

それでも治らない場合は、手術療法となってしまいます。
しかし、手術となってしまうケースは、ごくまれです。

いかがでしたでしょうか。
小指にしびれを感じたら、肘部管症候群を疑うとよいでしょう。
しびれは気持ち悪い症状ですので、きちんと改善して快適な状態へとみちびくようにしましょう。

福岡市早良区 肘部管症候群の改善方法なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加