福岡市早良区 不眠症の可能性

【不眠症の原因と症状】
なかなか寝付けなくて困っている…そんな人は不眠症の可能性がありますよ。
不眠症とは、このような症状を指します。

・布団に入っても1時間以上寝売れない
・1度寝ても朝まで何度も目が覚めてしまう
・予定より2時間前など朝早くに目覚めてしまい、その眠れない
・眠りが浅く熟睡感がない

不眠症は、これらの症状が複数起きてしまいます。

不眠症を引き起こしてしまうには、原因があります。
どのような原因があるのか、ピックアップしてみました。

・悩みがある
・緊張感がある
・ストレスが多い
・運動不足
・カフェインの摂取のし過ぎ
・薬の副作用
・頻尿
・痛み
・かゆみ
・暑さや寒さ
・騒音
・寝るときの明るさ

など、原因は様々です。

不眠は、癖になってしまうとなかなか改善しなくなってしまうことがあります。
軽度な不眠症状態のうちに、ケアをして改善するようにしましょう。
【不眠症の改善方法】
不眠症の改善方法は、以下が挙げられます。

・眠りやすい寝具に変える
寝具というのは、眠る時に非常に重要なアイテムです。
寝具がしっくりいってないと、眠りにくくなってしまいます。
布団やカバー、シーツ、枕、枕カバー、パジャマなど、納得の物を使ってみると良いですよ。
眠るのが楽しくなって、不眠症が知らないうちに改善されていきますよ。

・寝るときの温度の改善
寝るときの温度というのは、寒くても暖か過ぎてもなかなか眠れないものです。
1番は、程よい暖かさにすることです。
寝る1時間前くらいから理想の温度に設定して、心地よく眠りに付けるようにしましょう。

・運動をして体力を酷使する
運動をして体が疲れることで、自ずと早く眠りに付くことができます。
不眠症の多くが、運動をせずに運動不足になっている人ばかりです。
子供の頃を思い出すと、めいっぱい遊んで疲れて早い時間にぐっすり寝ていましたよね。
それと同じ考え方で体を酷使させると、夜寝る時間になったら自然と眠くなります。
近所をウォーキングしたり、体を動かすといいですよ。
太陽の光を浴びることが大事なので、家の中ではなく外で運動をすることをオススメします。

・寝る前に考えごとをしない
寝る前に考えごとをすると、脳が覚醒してしまって眠れなくなってしまいます。
考えるのは明日の朝にして、夜はスムーズに寝るようにしましょう。

・カフェインを摂取し過ぎない
不眠症の人は、カフェインを摂取し過ぎてしまうと、眠りにくい状態へと発展させてしまいます。
コーヒーや紅茶などのカフェインは控えて、体内にカフェインを溜めないようにしましょう。

・寝る前に水分を取りすぎない
寝る前に水分を取りすぎてしまうと、夜中トイレに起きてしまい水分が妨げられてしまいます。
なるべく寝る1時間前には、水分を取らないようにしましょう。
病気などで水分を多く摂取しないといけないフチは、かかりつけのお医者さんに相談をするといいですよ。

いかがでしたでしょうか。
不眠症というとお薬を飲んでしまいがちですが、これらのケア方法でも十分に改善が可能です。
眠りやすい状態へとみちびいて、不眠症をスッキリ改善しましょう。

 

福岡市早良区 不眠症の可能性なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加