福岡市早良区 狭心症の予防

【狭心症の症状】
心筋症は、突然なってしまうイメージがあって、怖いですよね。
何度か経験したことがある、という人も多いのではないでしょうか?
誰でもなってしまう可能性がある心筋症は、どのような痛みを発揮してしまうのでしょうか?
心筋症は、胸が圧迫されるような重たい痛みが発します。
良く言われる状態といえば、心臓を万力で締め付けられたようなグッと掴まれるような痛みといわれる事が多いです。
長く続く痛みではなく、5~10分ほどで治まるのが一般的です。

心筋症は、なりやすい人となりにくい人があります。
以下のような人は、心筋症になりやすいと言われています。

・肥満
・喫煙者
・尿酸値が高い
・味付けは濃いのが好き
・油っこい食べ物が好き
・甘い食べ物が好き
・睡眠不足
・睡眠時無呼吸症候群
・運動不足
・ストレスが多い

これらは、動脈硬化になりやすい人です。
動脈硬化になることで、狭心症になりやすい体質になってしまいます。
いくつか当てはまる人は、狭心症になりやすい体質といえますよ。「
【狭心症の予防方法】
狭心症は、予防でなりにくい状態にすることができます。
つらい痛みの狭心症にならないよう、日ごろ予防して過ごすことがベストとなります。
以下の予防が、狭心症予防にみちびくことができます。

・禁煙
喫煙は血流を悪くしてしまうので、動脈硬化になりやすい体質になってしまいます。
喫煙は、絶対に止めるべきです。
今流行りの電子タバコであれば、ニコチンゼロですので禁煙効果がありますよ。
吸った気になると評判が高いので、禁煙のためならオススメのアイテムといえます。

・肥満改善
肥満は動脈硬化の原因ですので、改善しましょう。
脂っこい食事など肥満の原因の食事を改め、低カロリーで美味しく食べることができる食生活に変えていきましょう。
また、運動も併用することで効率的に痩せることができますよ。
せめて、LLサイズ以上のサイズではない状態にしましょう。
肥満を改善することで、睡眠時無呼吸症候群も改善されていきます。

・睡眠不足
睡眠不足は血流が悪くなってしまうので、改善すべきポイントです。
眠りやすい環境を作って、眠りに入りやすい状態へとみちびきましょう。
寝具を変えたりアロマを炊いたり、リラックス効果を高めると快適で質の良い眠りにすることができますよ。

・ストレス発散
ストレスを上手く発散させることで、活性酸素を減らすことができます。
活性酸素は老化を招く成分であり、活性酸素が体内に増えることで血流の低下など不健康にみちびいてしまいます。
上手くストレス発散をして、活性酸素を減らしましょう。
外に出かけたり喋って笑ったりすることで、ストレスが上手く発散できますよ。

いかがでしたでしょうか。
狭心症は、生活改善でいくらでも改善ができます。
狭心症は恐ろしい病気ですので、ならないように日頃から予防をしていく事はとても大事となります。
狭心症の改善で健康的になることができるので、是非チャレンジしてみましょう。

福岡市早良区 狭心症の予防なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加