福岡市早良区 頚肩腕症候群の症状と原因

【頚肩腕症候群の症状と原因】
頚肩腕症候群というのは、首から肩、腕にかけての痛みやしびれなどの不快な症状をいいます。
いわゆる「肩こり」のような、原因が特定できない症状です。
首や肩、腕に以下のような症状が起きている場合は、頚肩腕症候群の可能性があります。

・同じ場所でコリや痛みが長く続いている
・寝ていても痛みが取れない
・痛みが徐々に強くなっていく
・痛みやしびれが指の方までなる
・腕に力が入らない時がある
・手の感覚が鈍くなったような気がする

手を良く使う人は、手や腕、肩、首などがだるかったり疲れを感じます。
これは筋肉の疲労により起きることであり、誰もが経験することです。
手を使うことを止めずに続けていると、酷使するとのでコリや痛みが出てきてしまいます。
頚肩腕症候群というのは、そのような人に多く起きる症状です。
何らかのことを毎日行っていることで、頚肩腕症候群というのは簡単に発生してしまいます。

この症状が注目されるようになったのは、昭和30年代です。
様々な職場にパソコンが導入され、手を酷使する人が増えてきたからです。
そして近年、パソコンを使う仕事の人が増えてきたため、頚肩腕症候群になる人が急激に増えてきました。
フリーランスの人も多くなり、過去最高に頚肩腕症候群の人が増えているとも言われています。
以下の職業の人は、頚肩腕症候群になりやすい傾向があります。

・パソコン作業の人
・ボールペンでの作業の人
・お札の勘定をする人
・スーパーのレジをする人
・保母さん
・施設で働く人
・ベルトコンベアー作業の人
・学校給食の調理院の人

このような人に、多いと言われています。
【頚肩腕症候群の改善方法】
頚肩腕症候群は、以下のような改善方法で症状を緩和させることができます。

・原因になっている作業を長く続けない
1番は、原因となっている作業を長く続けないことです。
原因となっている作業が負担となり、頚肩腕症候群が起きているからです。
仕事の場合は、頚肩腕症候群となっている原因の作業をしないということにはなちませんよね。
その場合は、1時間に1度など休息を取るようにして、体に負担をかけないようにしましょう。

・運動をする
頚肩腕症候群になってしまうのは、筋肉のコリが原因です。
筋肉のコリをほぐすために、運動を心がけましょう。
大げさな運動ではなく、首や腕をグルグル回すなどの運動でOKです。
適度にやってほぐしてあげるだけで、頚肩腕症候群の改善になりますよ。

・体を温める
体を温めることで血流が良くなるので、筋肉のコリが改善します。
湯船に浸かったり暖かい恰好をすることで、体を温めることができます。
また、温かい飲み物や食べ物を取ることで、体の中から温めることができますよ。

いかがでしたでしょうか。
頚肩腕症候群と聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、誰もがなってしまうよくある症状です。
セルフケアでも改善しますので、是非行ってみましょう。
痛みがひどい場合は、専門医に相談をして症状をやわらげてみましょう。

 

福岡市早良区 頚肩腕症候群の症状と原因なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加