福岡市早良区 頚椎症

【頚椎症の原因と症状】
頚椎症とは、頸椎の加齢によって椎間板の変性や靭帯が厚く硬くなってしまうことで、頸部に痛みが出てしまう症状です。

頚椎の中でクッションの役目をしている椎間板は、20歳を過ぎたあたりから水分が失われてしまい弾力性がなくなってしまいます。
ひびが入ってしまい徐々につぶれてしまうなどの、変性が起きてしまいます。
椎間板の変性というのは、誰にでも起きてしまうことです。
脊柱管や椎間孔が狭くなることで脊髄や神経根が圧迫されることで、症状が出ると病気と判断されます。

頚椎症の症状は、手にしびれが出たり歩行困難などが最初に現れてきます。
その後、徐々に四肢の感覚の異常や手指の巧緻性障害となっていき、最終的には膀胱直腸障害へと発展してしまうこともあります。
以下のような症状が出た場合は、頚椎症の疑いが考えられます。

・頸部に痛みがある
頭の後ろの部分に痛みが発生し、頭を後ろに反らした時や重い荷物を持った時に、痛みが発生する場合があります。

・手や足にしびれや感覚異常が出る
両手の足や手に、しびれや感覚異常のような症状がでます。

・手足の刺激の異常
手足に知覚障害が発生し、正常に刺激を知覚できない状態となってしまいます。
何にも触れていないのに痛みが発する、などの症状が出てしまいます。

・手先の細かい作業ができなくなる
ボタンをかけたりお箸を使う、字を書くなどの手先の作業に不自由が発生してしまいます。

・歩きにくくなる
足を普通に前に出しにくい、速く歩くことができない、歩き方がぎこちなくなる、階段を下りるのが怖くなるなど、一般的に出来ていた歩行への障害が起きてしまいます。

・膀胱直腸障害
神経の異常により、排せつの機能の弊害が起きてしまうことがあります。
【頚椎症の治療方法】
頚椎症は、重度の場合じゃなければ保存療法で治療を行っていきます。
以下のような保存療法で、改善へとみちびきます。

・装具での治療
頚椎カラーなどの装着により、局所の安静をキープします。
痛みの軽減ができ、楽になっていきます。

・薬物での治療
痛みがひどい場合は、薬物で治療を行います。
非ステロイド性消炎鎮痛薬等を用いて、痛みを緩和していきます。
しびれや発作的に発生する痛みには、神経障害性疼痛治療薬などを用いて症状を緩和させていきます。

・牽引での治療
アゴのあたりにベルトをかけて牽引して、頸椎にかかった圧力を軽減します。
整骨院や接骨院で、主治医の指示に従って行いましょう。
間違っても、自分で我流で行ってはいけません。

・温熱での療法
患部を温めて、血流を良くし楽になる方法です。
自宅であれば、湯船に浸かったり貼るカイロを使って患部を温めましょう。
整骨院や接骨院では、電流熱を与えて治療を行います。

いかがでしたでしょうか。
頚椎症は、正しくケアをしていけば必ず回復していく症状です。
頚椎症が改善すると、辛い痛みがなくなるのでスッキリしますよ。
おかしいなと思ったら、まずはセルフケアからでも改善へとみちびきましょう。

福岡市早良区 頚椎症なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加