福岡市早良区 肩が上がらない時の改善方法

【肩が上がらない理由】
肩が上がらない場合は、四十肩や五十肩の可能性があります。
40代以降になると、肩が上がらないことがあります。

四十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」といいます。
型の関節のまわりに炎症が起きている状態であり、肩が痛くて腕が上がらない、動かせないなどの症状となります。
四十肩や五十肩は文字通り40代以降になる肩の症状ですが、それ以下の年代でもこれらの症状になる人が増えています。
以前は40代で発症する人が多かったので、四十肩や五十肩という名称が付きました。
しかし、肩が上がらないなどの肩の症状は若年層にも増えていきており、二十肩の症状になる20代の若い者も増えています。

いわゆる四十肩には、急性期と慢性期の2つの状態があります。

・急性期
肩関節周りの炎症の初期段階で、腕や肩を動かした時に激しい痛みを発する時期です。
寝ている時でも痛みが出る場合があり、かなりつらいです。
このような初期段階の場合は、安静にする事が1番です。
痛みがひどい場合は、我慢せずに鎮痛薬などを頼って楽になることも選択の1つとなります。

・慢性期
肩が上がらない状態から数日から数週間経った時期で、痛みが引いた時期です。
痛みが引いても、肩の関節を動かせる範囲は狭い状態です。
肩の動きが鈍くても、このタイミングで肩をしっかりと動かしておかないと、以前のような肩の動きを取り戻すことができなくなってしまいます。
無理のない範囲で、肩を回すなどの運動をすることが大事となります。
また、この時期は肩を冷やさないことが大事となるので、カイロや温湿布などで肩を温めるようにしましょう。
【肩が上がらない時の改善方法】
肩が上がらないときは、肩まわりに起きている症状を改善することが大事となります。
どのような対処方法が必要なのか、以下にご紹介します。

・肩まわりの筋肉を柔らかくする
肩の動きが鈍い場合は、肩まわりの筋肉が固くなっている証拠となります。
固くなっている筋肉は、緊張している筋肉となっているので、緊張をほぐしてあげましょう。
肩の痛みが強くならない程度で、肩を回すなどの運動をして筋肉をほぐしましょう。
乱暴に肩を回すのではなく、あくまで優しくゆっくり行って慣らしながら行うと良いでしょう。

・胸や背中、下半身などの肩以外の筋肉を柔らかくする
肩の動きというのは、肩のまわりの筋肉だけで行っているのではありません。
胸や背中、腰などの上半身や下半身の筋肉も連動しています。
これらの筋肉もほぐして、肩に余計な負担を掛けないようにしましょう。
意外と関係があるのが、腰まわりや下半身の筋肉です。
腰回りや下半身の筋肉を柔らかくすることで、肩の動きが良くなったというケースは少なくありません。
体全体をほぐして、肩の動きをスムーズにしましょう。

・温める
肩が上がらない場合は、温めることが大事となります。
急性に場合は冷やす方がいいこともありますが、慢性になってきたら温めるようにして楽になりましょう。
湯船にしっかり肩まで浸かるようにし、温湿布や貼るカイロなどを活用しましょう。
また、肩を冷やさない服装を意識して、ストールやマフラーなどを使って肩を温めるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
肩が上がらない場合は、四十肩や五十肩の可能性があります。
ひどくなると眠れないほどひどくなってしまうので、おかしいなと思ったら早めに病院に行くことをオススメします。
急な耐えられない痛みは、注射で楽になることができますよ。

 

福岡市早良区 肩が上がらない時の改善方法なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加