福岡市早良区 辛い股関節痛

【股関節痛の症状や原因】
股関節痛は、文字通り股関節に痛みを発してしまう症状です。
股関節というのは股という文字が入っているので、股にある関節と思われている人も多いと思います。
実際には、もう少し奥の方にあり、お尻に近い部分にある関節です。
股関節痛は、以下のような症状を起こしてしまいます。

・お尻の痛み
・太ももの痛み
・腰の痛み
・膝の痛み

このように、股関節痛はよくある痛みを発してしまいます。
そのため、坐骨神経痛や腰痛などと間違えやすいのですが、実は元をたどると股関節の不具合により痛みを発していることは少なくありません。
具体的には、以下のような症状が起きてしまいます。

・歩幅が狭くなった
・平らで弊害が無い所でつまずく
・椅子から立つ時にそのまま立てず、机などの何かに手をついてしまう
・階段を上がる際に滑らかに足を上げることができない

このようなサインがある場合は、股関節痛の可能性があります。

股関節痛の原因の多くは、先天性のものといわれています。
日本人は、股関節の脱臼や発育不全の人が多くいます。
若い時は問題ないのですが、年齢を増してくると骨密度が低下したり筋肉の量が減ってしまうことで股関節への負担が大きくなってしまいます。
それにより、年齢を増すことで、少しの負担で痛みを発生させてしまうのです。

ちょっとした痛みだからと放置しておくと、症状がさらにひどくなってしまいます。
以下のような症状が出てしまい、大変な状態となってしまいます。

・靴下が履けなくなる
・足の爪を切れなくなる
・歩き方が不安定になる
・左右にふらついてしまう
・痛みで歩けなくなる

このような状態になってしまうと、手術をしないと改善しない場合があります。
少しでも変だなと思ったら、専門医に相談をしましょう。
【股関節痛の予防方法】
股関節痛を予防するためには、股関節の衰えを改善することです。
以下のような予防方法で、股関節周りを鍛えましょう。

・ストレッチをする
加齢や運動不足によって、股関節は硬くなってしまいます。
ストレッチをすることで、柔軟性のある股関節にすることができます。
簡単な股関節を鍛える方法は、スクワットです。
立った姿勢で膝をゆっくり曲げることで、股関節周りの筋肉を鍛えることができるので、股関節の負担が軽くなりますよ。

・プールでの水中歩行
股関節に負担をかけにくく運動をするには、プールでの水中運動がオススメです。
ただプールの中を歩くだけで、股関節が鍛えられます。

・温める
股関節周りを温めると、股関節周りの血流が良くなり痛みも緩和していきます。
湯船に浸かったり暖かい格好をすることで、股関節を温めることができますよ。
なるべく体を冷やさないようにし、とことん温めるように心がけましょう。

いかがでしたでしょうか。
辛い股関節痛は、悪化してしまうと生活に支障をきたしてしまいます。
おかしいなと思ったら、1度専門医に相談をしましょう。
軽度なら、セルフケアだけでも楽になることができますよ。

 

福岡市早良区 辛い股関節痛なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加