福岡市早良区 腰椎すべり症の原因

【腰椎すべり症の原因と症状】
腰椎すべり症は、腰椎が前の方に滑ってしまい、痛みなどの症状を引き起こしてしまう症状です。
中年以降の女性に、発生することが多いと言われています、
積み木のように積み重なっている腰椎の、4番目と5番目の間によくみられます。

この様な症状が起きている場合は、腰椎すべり症の可能性が考えられます。

・長時間立っていると腰に重さを感じる
・同じ姿勢を取っていると腰が重く痛くなる
・腰を反らすと痛みを感じる
・前屈するとお尻が突っ張ったような感じがする
・長時間歩行ができない
・頻尿や残尿感、便秘
・腰からお尻にかけて痛みやしびれがある
・下肢から脚にかけて痛みやしびれがある

腰椎すべり症の原因は明らかにはなっていませんが、以下のような原因ではないかといわれています。

・先天性や発育性による原因
先天性や発育性の腰椎すべり症は、少ないですがあります。
発育不足により、頸椎が滑りやすい状態へとなってしまいます。

骨の老化や変形による原因
老化により、骨や関節や変形したり、軟骨はすり減ってしまうことで起きてしまいます。
更年期を過ぎた女性に腰椎すべり症が多いのは、この原因が大半だからです。

・腰椎分離症からの二次的発症
腰椎分離症が原因で、腰椎すべり症になってしまうこともあります。
腰椎分離症により腰椎が不安定にンあってしまい、腰椎が前に滑ってしまい発症してしまいます。
腰椎分離症によって腰椎すべり症を発症してしまう確率は、10~20%と言われています。

・ケガや病気による原因
高い所から転落したり大きな力が加わることで、腰椎を骨折してしまい不安定になってしまい、腰椎を前に滑らせてしまい腰椎すべり症になってしまいます。

・病気による影響
腰が痛いと思っていたら、他の病気によって発症していたというケースもあります。
悪性の腫瘍や感染症などにより、腰椎が破壊されてしまい不安定となり、腰椎が前にすべってしまい腰椎すべり症となってしまうパターンです。

これらの原因によって腰椎の椎間板や関節、靭帯がゆるんでしまい、滑ってしまった腰椎が安定しなくなり、脊柱管が狭窄して神経を圧迫してしまうことで、痛みやしびれを発してしまいます。
主な症状は、腰痛や下肢痛、しびれです。

【腰椎すべり症の治療】
腰椎すべり症の治療は、以下のような方法があります。

・コルセットでの固定治療
前の方にすべっている腰椎を固定するために、コルセットで固定をします。
コルセットで腰を固定することで、痛みやしびれが軽減します。

・温熱療法
腰椎すべり症は、患部を温めることで痛みが和らいでいきます。
患部のまわりを温めて、血行を良くしましょう。
入浴したり温かい恰好をしたり、温かい食べ物を口にすることで体全体を温めることができます。
また、温湿布や貼るカイロを使って、患部をピンポイントに温める方法もいいでしょう。

・電気治療
患部のまわりの筋肉に電気を通すことで、筋肉の緊張をほぐして痛みをやわらげることができます。
低周波電流やマイクロ波を使って、患部に直接治療を行います。

いかがでしたでしょうか。
腰椎すべり症は、辛い症状です。
悪化すると生活に支障をきたしてしまうこともあるので、軽度のうちに改善をしましょう。

福岡市早良区 腰椎すべり症の原因なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常若整骨院

私に任せてくれたらもう大丈夫です!ご予約はこちら

0120-947-446

0120-947-446
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
受付時間
12:00〜20:00(完全予約制)
定休日
日曜日・祝日 第2土曜日 第4木曜日

〒814-0005福岡県福岡市早良区祖原4−3