福岡市早良区 子宮内膜症を早期発見

【子宮内膜症の原因】
子宮内膜症とは、本来、子宮の内側にしかない子宮内膜が、子宮以外の場所で増殖や剥離を繰り返してしまうことで、痛みを引きおこしてしまう症状です。
子宮の内膜というのは、生理の際に月経血によって体外に出て行きます。
そんな子宮内膜が子宮以外の場所のお腹にとどまってしまうことで、炎症や癒着を起こしてしまいます。
また、不妊の原因にもなってしまい、子宮内膜症の状態のままでは妊娠はできません。
子宮内膜症は良性の病気ですので、命にかかわることがありません。
しかし、妊娠に影響を与えたり痛みを発生してしまうので、発症したら改善へとみちびかなくてはいけません。

子宮内膜症の原因は、はっきりしたことはわかっていません。
子宮内膜症は増えている病気であり、その理由はライフスタイルの変化と言われています。
以下の理由により、近年は特に増えていると言われています。

・初経年齢が早くなった
・晩婚
・晩産化
・子供を産まない

このような状態により、月経回数が多くなることで発症しやすくなったと言われています。
昭和初期の女性と比べると、約10倍も増えていると言われています。
女性のライフスタイルが変わったことで月経回数が増えてしまい、子宮内膜症のリスクは高まっています。
リスクを把握して、きちんとした健康管理をすることが1番といえます。

子宮内膜症を早期発見するポイントは、月経痛です。
子宮内膜症は、月経痛がひどくなるのが大きなポイントです。
場合によっては、鎮痛剤が効かないほどの痛みを発してしまう人もいます。
以前と比べて月経が辛いなと思ったら、子宮内膜症を疑うと良いでしょう。
子宮内膜症は、早期発見することで症状を軽くすることができます。
【子宮内膜症の治療方法】
子宮内膜症の治療方法は、保存療法と手術療法があります。
以下の方法で、治療を行っていきます。

・薬物療法
薬物療法では、低用量ピルを使用し、子宮内膜の組織の増殖を抑えます。
生理痛を軽減させることもできるので、子宮内膜症の治療に良く使われる薬です。
副作用もないので、安心して使うことができます。
その外、ジエノゲストなどの薬を使って、子宮内膜症の改善へとみちびきます。

・漢方薬治療
漢方薬により、子宮内膜症の改善へとみちびくことができます。
即効性はありませんが、薬を使わずに症状を緩和させることができるということで、多くの人が行っている治療方法です。
専門医が処方してくれるので、自分の症状に似合った漢方薬で治療を受けることができます。

・手術療法
手術療法には、開腹手術と腹腔鏡下手術の2つの方法があります。
受ける患者さんが今度出産を望むかにより、手術の方法も変わります。
腹腔鏡下手術の方は穴をあけるように手術を行うので、開腹手術よりも小さな傷で済みます。
また、術後の回復も早く済みます。

いかがでしたでしょうか。
子宮内膜症はデリケートな部分の病気なので、女性として凹んでしまう人もいると思います。
しかし、きちんと改善することはできるので、ガッカリせずに治療へといそしみましょう。

福岡市早良区 子宮内膜症を早期発見なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常若整骨院

私に任せてくれたらもう大丈夫です!ご予約はこちら

0120-947-446

0120-947-446
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
受付時間
12:00〜20:00(完全予約制)
定休日
日曜日・祝日 第2土曜日 第4木曜日

〒814-0005福岡県福岡市早良区祖原4−3