福岡市早良区 思春期障害の症状

【思春期障害の症状】
思春期障害といえば、多いのが起立性調節障害です。
思春期に自律神経のバランスが悪くなり、様々な弊害が起きてしまう障害です。
思春期に思春期特有の症状が出た時、思春期だから仕方ないと思う親御さんは多いと思います。
しかし、症状が重い場合は起立性調節障害の可能性があります。

以下のような症状がある場合は、起立性調節障害の思春期障害の可能性があります。

・朝起きることができない
朝起きようとしても、体を起こすことができない症状です。
目は覚めているのですが、体が重くだるくて起き上がれません。
中には、強引に親に起こされたことさえ、覚えていないという場合もあります。

・立ちくらみを起こす
急に立ち上がると目の前が暗くなり、白くかすんだりする症状です。
午前中に多く発生し、お風呂上りなどにも発生することがあります。

・全身に倦怠感がある
体が重く感じてしまう症状であり、午前中に多く午後は症状が軽くなる傾向があります。

・食欲不振
午前中は食欲が起きず、朝起きた際は特に気分が良くなく食事をとることができない症状です。

・立っていると気分が悪くなってしまう
立ったままで何かをすること、気分が悪くなり立っていられなくなる症状です。
通学時に電車で立っていられず、場合によっては倒れて意識が無くなってしまうこともあります。
その際、冷や汗をかいて、動悸がひどくなってしまう場合もあります。

・失神発作が起きてしまう
失神し、気を失って倒れてしまう症状です。
目の前が見えなくなるなどの前兆がある場合もありますが、前触れもなく急に倒れてしまうケースもあります。
人によっては、失神補佐が繰り返されることもあります。

・動悸
午前中に特に多く、胸がどきどきして心臓の鼓動が早くなる症状です。
立ち上がった時や階段を上がり降りする時に、起きることが多い傾向があります。

・頭痛
頭痛や偏頭痛、緊張性頭痛の、3つの頭痛を混在して起こしてしまう傾向があります。
朝起き上がる時に頭痛を発し、午後から楽になるケースが大半です。
様々なタイプの頭痛が起きるので、その頭痛によって処方薬も変わります。

・夜寝付けにくい
思春期障害の場合、午前中は調子が良くなく午後から調子が良くなる傾向があります。
そのため、夜は目がさえてしまい寝付けないというパターンがあります。
まわりから見ていると、夜寝不足をする怠け者のイメージに見えてしまいがちですが、副交感神経の活動が異常になっている状態なので、勘違いしてはいけません。

・イライラする
様々なことが上手くいかないことで、イライラが募ってしまう場合があります。

・集中力の低下
午前中は頭が回らず、授業に集中することができません。
午後は頭がまわり、割と集中力が戻ってきます。

【思春期障害こと起立性調節障害の対処方法】
思春期障害こと起立性調節障害の対処方法は、以下が挙げられます

・親が見守る事
思春期障害こと起立性調節障害の対処方法は、親が温かく見守ることが大事となります。
思春期障害こと起立性調節障害の対処方法に出る症状というのは、怠けクセと親が勘違いしてしまうことがあります。
しかし、実際は本人が辛くなる程の障害なので、周りの見守りが大事となります。
病気である本人も辛いということを持ち、お互い理解して見守るようにしましょう。

・薬物療法
病院から薬物を投薬してもらい、症状を緩和する方法です。

・運動を行う
体を動かすことで、症状が緩和する場合があります。
体を動かすことで達成感がでるので、あらゆる症状の緩和が期待できるからです。
ウォーキングなどの小さい動きからでOKですので、体を動かすクセを付けましょう。

・学校との連携
学校に起立性調節障害のことを理解してもらい、連携を取って本人を見守るようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
思春期障害こと起立性調節障害の対処方法は、親にしてみるとわかりにくい症状です。
明らかに変とわかるので、きちんと見守っておかしいなと思ったら、話をして対応しましょう。
治らない症状ではなく、親の対応1つで症状は間違いなく緩和していきます。

 

福岡市早良区 思春期障害の症状なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加