福岡市早良区 手根管症候群

【手根管症候群の症状と原因】
手根管症候群は、手首の中にある手根管という部位の中で何らかの影響で正中神経が圧迫されることでしびれなどの症状を発してしまいます。
以下のような症状が出ている場合は、手根管症候群の可能性が考えられます。

・指先にしびれがある
・親指から中指と薬指の親指側にしびれを感じる
・手のひら全体にしびれを感じる

など、手に起きるしびれの症状です。
症状が重くなると、感覚がなくなってしまったり、親指の付け根が痩せてくる場合もあります。
わかりやすい流れでいうと、正座した後に足がしびれることに似ており、神経が圧迫されてしびれる状態が手に起きている状態です。
神経の圧迫さえ取りのぞけば、緩和されるということになります。

手根管症候群の原因は特発性と言われることが多く、原因不明といわれています。
妊娠や出産期、更年期の女性に多い傾向があります。
そのほか、ケガや仕事、スポーツによって手を使い過ぎる人、透析をしている人に生じる傾向があります。
腫瘍や腫瘤などのできものによっても、手根管症候群になる場合があります。
原因はわかっていませんが、神経を圧迫しているということは、筋肉の硬さが影響していることになります。
手を動かすときというのは、手だけで動こうとしているのではなく腕の筋肉を固くして指の腱を引っ張り指を動かします。
腕の筋肉が固くなってしまうと腱を引っ張り続ける状態になってしまい、この状態が長く続いてしまうことで腱が太くなってむくんでしまいます。
そして、狭いスペースの中で太くなった腱が正中神経を圧迫してしまい、痛みやしびれを発してしまうと言われています。
固くなった筋肉を柔らかくして腱の引っ掛かりを無くすことで、神経圧迫が起きずに手根管症候群の改善へとみちびくことができます。
【手根管症候群の治療】
手根管症候群の治療は、以下のように行っていきます。

・手首を安静にする
手首を動かさず、安静にします。
ギプスやサポーターを用いて固定し、手首を曲げたり伸ばさないようにキープします。
夜間や睡眠中は、必ず固定して動かさないようにします。

・薬物療法
痛みの症状が強い場合、痛み止めを使用します。
消炎鎮痛剤やビタミン剤を使用して、症状を緩和させます。

・注射療法
痛みがひどい場合は、ステロイド注射で症状をやわらげます。
神経を誤って傷つけてしまう場合もあるので、繰り返し行うことはできません。

・手術療法
保存療法で改善しない場合、手術をして改善させます。
手根じん帯を切除して、正中神経の圧迫を取り除きます。
近年は、内視鏡で手術を行う場合が多く、術後の社会復帰を早くすることができます。

いかがでしたでしょうか。
手根管症候群のように手がしびれる症状は、気になってしまいますよね。
重篤な病気が隠れている場合もあるので、手のしびれを感じたら専門医に相談をしましょう。
素早い治療で、悪化させずに早期に改善させることができますよ。

福岡市早良区 手根管症候群なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常若整骨院

私に任せてくれたらもう大丈夫です!ご予約はこちら

0120-947-446

0120-947-446
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
受付時間
12:00〜20:00(完全予約制)
定休日
日曜日・祝日 第2土曜日 第4木曜日

〒814-0005福岡県福岡市早良区祖原4−3