福岡市早良区 脊椎分離症の早期

【脊椎分離症の症状と原因】
脊椎分離症は、脊椎の中にある関節突起部分が疲労骨折を起こしており、一部分が離れてしまう症状です。
脊髄が不安定になって神経を刺激してしまい、慢性腰痛などの痛みを引きおこしてしまいます。
最も多い症状が、腰痛です。
以下のような症状が起きている場合は、脊椎分離症の可能性が考えられます。

・長い間立って居たり座ると腰に鈍痛が出る
・腰を反らすと痛みが出る
・足にしびれや痛みが出る場合がある

また、脊椎分離症になっているのに、自覚症状が全く出ない場合もあります。
時間が経過してから発症することも多く、わかりにくい症状とも言われています。

脊椎分離症の診察方法は、所見やレントゲン、CT、MRIで行います。
痛い診察はしませんので、気にせず診察を受けましょう。
状態によって、適切な治療方法を考えて行っていきます。

脊椎分離症は、腰椎の疲労骨折です。
そのため、なかなか改善しないとも言われているようです。
しかし、正確な診断と適切な治療によって、改善は可能です。
初めから治らないと諦めている人もいるようですが、そのようなことはないので積極的に改善へとみちびくようにしましょう。
早期治療が、早期改善へとみちびくことができます。
手遅れになると手術などの、厄介な状態になってしまうこともあります。
【脊椎分離症の治療方法】
脊椎分離症の治療方法は、以下のように行います。

・安静
軽度の脊椎分離症の場合は、安静にしていることで改善します。
2~3日横になり、腰を使わないようにしましょう。

・コルセットの装着
腰を動かさないようにするために、コルセットの装着も効果的です。
コルセットは脊椎分離症に合ったものじゃないと効果が出ないので、専門医に相談をして適したコルセットを使ってケアしましょう。
腰に負担を掛ける仕事や運動は、なるべく避けて過ごしましょう。

・薬物療法
痛みが強い場合は、痛み止めの薬やブロック注射などで症状をやわらげます。

・温熱療法
患部を温めることで、血行が良くなり痛みを改善させることができます。
温湿布や貼るカイロ、湯船に浸かるなどによって、患部を温めましょう。

・運動療法
脊椎分離症が慢性化している場合は、積極的に腰痛体操を行うことが効果的です。
筋力をつけることで、腰にかかる負担を軽くすることができるからです。
腰に負担を掛けない程度の体操を行い、筋肉を付けて痛みを緩和させましょう。
痛みがひどい場合は、行うことはできません。

・手術療法
保存療法が鉄則ですが、改善しない場合は手術療法で改善します。
脊柱を正しい位置に固定する手術であり、術後はコルセットを着用して生活することで、数日以内に歩くことが可能となります。
その後、2~3週間程度で退院ができます。

いかがでしたでしょうか。
腰の痛みというのは、本当に辛いですよね。
一見治りにくく感じるものですが、早期発見で改善へとみちびく事で治すことは可能です。
コツコツと改善させて、楽な状態になりましょう。

 

福岡市早良区 脊椎分離症なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加