眠れないほどの肩甲骨の痛みは、胃の不調が原因だった

jirei_kata

肩甲骨の痛みでで来院された、30代男性(プログラマー)。

 

今回の症状

左肩甲骨の痛みが常にある。

首を横に動かすと痛みが強くなる。

2日前から痛みで目が覚め仕事に影響が出ている。

頭痛持ち(小学生の時から)。

頭痛で内科を受診し、薬(セレニカ(頭痛予防薬)、頭痛薬)を服用。

 

過去にあった症状:

耳下腺周辺のコリ・腫れが5年前まで慢性的にあった

 

検査

kadouiki2

背中が柔らかすぎ(小腸が弱い)

肩の可動域制限(特に左。胃が弱い)

首の側屈制限(特に左)

 

1回目の施術

benpi_2

どれからやったらいい?

→背中の改善

 

改善するには?

→第3チャクラ

 

再検査したところ、背中は正常の硬さに戻り、頭痛・首・肩の動きは半減。

 

次にやるのは?

→首

→側頭骨(左)

 

これで再検査したところ、頭痛・首・肩の可動域は改善。

 

胃が弱い→肩→首→頭痛という流れで調子を崩していました。

「胃を強くすれば頭痛に悩まされずにすみますよ。」

「あと2〜3回でよくなりますよ」

とお伝えして、1回目の施術は終了。

 

2回目の施術

iki_1

施術前の状態:

頭痛の頻度が減った。

首を左に回せない。

左肩の動作痛(可動域の最後付近でうずく)。

 

胃は正常に働いている?

→No

 

胃を強くすると首・肩は良くなる?

→Yes

 

胃を正常に戻すには?

→ストレス(仕事)

→踵骨の関節包

 

頭痛に対してアプローチしたほうがいい?

→しなくてもいい

 

再検査すると動きは問題なし。

胃を強くするためのアドバイスをして、2回目の施術は終了。

 

3回目の施術

minuku4

施術前の状態:

左の首の痛み、肩の動作痛は消失。

左の肩甲骨が、長時間仕事をするとうずく感じがする。

首の左への横の動きが悪い。

首を後ろに倒すと左の肩甲骨がうずく。

肩甲骨の内側に圧痛。

 

どれからやったらいい?

→肩甲骨

 

症状をとるには?

→電磁波

→下顎骨

 

再検査したところ首は3分の1残存、肩甲骨のうずきは消失。

 

首の症状をとるには?

→マヤズム(医原病)肺

 

今回は電磁波の抜き方、防ぎ方のアドバイスをしました。

首・肩が今までにないくらい動くようになったとおっしゃっていました。

次回で問題なかったら通院終了の予定です。

 

解説

minuki1

肩や肩甲骨の痛み・コリで悩んでいる方は胃の調子が悪いことが多いのですが、この方はまさにそのパターンでした。

食べ過ぎたり飲み会の翌日に肩こりがひどくなったら、まずは胃を労わりましょう。

一番は朝食を抜くプチ断食ですが、脂質・タンパク質・糖質に対する消化酵素をもつ大根(大根おろしがオススメ)をとるのも有効です。

 

お仕事柄たくさん浴びていらっしゃった電磁波も要因のひとつでした。

電磁波に関しては、WHOが携帯電話の使い過ぎは悪性腫瘍の原因になるという発表をしていたり、アメリカでは強い電磁波を発する施設(変電所など)の近隣に住む人に白血病患者が多発するなど、体にとっての悪影響が指摘されています。

完全にカットすることは難しくても、休日にスマホの電源を切ったり、裸足で土や砂浜を歩くなどで抜いていくことはできます。

 

自分の体が何によってダメージを受けているかを知れば、適切な対策ができます。

時には立ち止まって「どうしてこうなったのだろう?」と考えてみませんか?

 


 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

首・肩〜手・手の指について詳しくはこちら

首・肩〜手・手の指

首・肩〜手・手の指に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常若整骨院

私に任せてくれたらもう大丈夫です!ご予約はこちら

0120-947-446

0120-947-446
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
受付時間
12:00〜20:00(完全予約制)
定休日
日曜日・祝日 第2土曜日 第4木曜日

〒814-0005福岡県福岡市早良区祖原4−3