お尻を強打して以来、腰を曲げるのが辛い…尾骨・仙骨のズレがカギ

jirei_kosi

週1ペースで来院されている70代の女性。一週間前にお尻を打って以来腰を曲げるのが辛いそうです。

 

今回の症状

hukutu_1

椅子から立ち上がろうとして滑ってお尻を打って腰が痛くなった。

お尻の痛みは消えたが腰の痛みがまったく変わらない。

腹筋の動作で痛みがあり、横向きになってからでないと体を起こせない。

冷湿布をしていたが変化なし。

 

初診時の検査

niji_1

■首…可動域制限

■背中・腰…ガチガチに硬くなっている

 

今回の施術

tokowaka_650

腰の痛みを取るには?

→土星エナジー(第1チャクラ)

→右側頭部に気針

 

再検査してみたところ、首の可動域制限と背中の硬さはほぼ解消。

腰の硬さは残存。

ベッドから起き上がる時の動作の痛みも変わらず。

 

腰の硬さを取るためには?

→尾骨

→副交感神経の骨盤内臓神経

 

同じ動作をしてもらったところ、痛みが完全に消えました。

 

解説

kebyo_6

お尻を打ったことで尾骨の位置がずれたのでそれを元に戻す施術でした。

尾骨が正しい位置にないと、その上にある仙骨・腰椎に負荷がかかってしまい痛みとなることがあります。

 

骨盤内臓神経は骨盤の中の神経で、これもお尻を打った衝撃で調子を崩してしまいました。

副交感神経はリラックスするように持っていく神経で、これが働きずらくなったために腰や背中がガチガチに硬くなったようです。

 

当院に来られる腰痛の方は一定数の割合で尾骨のズレがあり、それを調整することで症状が改善されることがあります。

尾骨のズレがあった方に「お尻打ったことありますか?」と聞いてみるとほとんどの方があると答えます。

「あんなことでズレてたなんて思わなかった」と言われます。

なかなか治らない時は、もしかしたら尾骨・骨盤が関係あるかもしれません。

 


 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加