不妊治療中に見つかった卵巣の腫れ。原因は女の子座り

yomogi_5

お姉さんの勧めで来院された30代女性。

 

症状

taisya_3

不妊治療中。

先日、クリニックで左の卵巣が腫れてると言われピルを飲んでいる。。

高校の部活で体操をしていて、常に腰と股関節が痛かった。

 

可動域検査

tango_1

■全体的に動きがぎこちない。

■①股関節を動かすと痛みと可動域が狭い。左足だけ外に足が開いてしまう。

■②両足首の可動域が狭い(夕方になると足が疲れてくる)

■③骨盤の歪み(左が前に出て硬くなっている)

 

今回の調整

tokowaka_650

卵巣の腫れの原因は?

→仙腸関節

→ゲンチアナ(困難な問題でも必ずできると感じられる)

 

次にどれをやったらいい?

→左股関節

→腸骨大腿靭帯

→第2チャクラ

 

足もやったほうがいい?

→いい

→横アーチの緩み

→霊障

 

この時点で再検査。

① 左股関節の痛みほぼ消失可動域は改善。外に足が開いてしまうのは変わらず

② 足首の動きは少し改善

③ 歪みはまだ残存

 

卵巣の腫れを少なくするには?

→卵巣堤索(卵巣を支えている靭帯の一つ)

 

歪みはまだ減らせる?

→減らせる

→インナーチャイルド(17歳部活)

 

今日はこれでいい?

→いい

 

これで再々検査。

① 外に開くのが少し減ってきた

② 足首の動きは半分くらい改善

③ 歪みはほとんど消失

 

解説

kansetu_1

左足について聞いてみたところ、女の子座り以外の座り方をすると股関節に痛みが出るので、高校生からずっと女の子座りをしていたそうです。

女の子座りは骨盤を歪ませてしまう座り方で、当院に来院する女性の患者さんの一定数が、女の子座りのために女性疾患に悩まされています。

「座り方を何にするのがいいですか?」とよく尋ねられますが、答えているのは正座かあぐらです。

高校の部活の疲労が体の歪みとなり、卵巣を支えている靭帯を引っ張って
卵巣の働きを低下させてしまい、腫れてしまったようでした。

その後3回来院してもらい、外に開くのはほぼ解消・骨盤の歪みもなくなり、クリニックに行くことになりました。

 


 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加