1カ月続く、サッカーによる股関節痛。その原因は水分不足?

syourei_succer

サッカーで足を痛めて来院された、小学生の男の子。

 

症状

mukumi_4

一ヶ月前にロングシュートの練習をしていた際、右股関節の付け根に痛みが走った。

それ以来パスやシュート練習の時に痛みが出ている。

おもいっきりシュートが出来る所まで治したい。

その他の症状:頭痛

 

可動域検査

kadouiki2

■ボールをインサイドで蹴る動作で痛み

■右の股関節の痛みであまり動かせない

■右足・肩、首の可動域狭い

 

今回の調整

tokowaka_650

右の股関節の痛みの原因は?

→右足の指の機能低下

→小腸ポリープ

 

この時点で再検査してみると、股関節の痛みは半減。

右足・首の可動域もあと少し。

 

痛みがなくサッカーができるようになるには?

→腎経

→ナットミュア(水分バランスの調整)

 

これで蹴る動作をしてもらったところ、問題なくできるようになりました。

 

解説

hie_4

足の指の機能低下:

例としては、何もしていない状態で足の指が曲がっている状態です。

指の機能低下→靭帯の緩み→交感神経の異常→筋肉の過度の緊張→体のバランスが崩れ怪我しやすくなる。

 

腎経:

水分の調整。老廃物を体から出し疲れを早く抜く。

 

患者さんのお母さんに

「水分は十分取ってますか?」

と聞いたところ

「あまり水などを飲まなくて、ほとんど取ってません」

との答え。

「水分が足りていないようなので、こまめに水分補給してくださいね。

運動で体内の水分が足りなくなると血液がドロドロになり、脳や体全体に血液栄養が行きわたらなくなり、体の反応が鈍ってきてパフォーマンスが落ちたり怪我をしやすくなります。」

とアドバイスして、施術は終了しました。

 


 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

股関節・膝・足の悩みについて詳しくはこちら

股関節・膝・足の悩み

股関節・膝・足の悩みに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加