首から腕までのしびれ、頭痛、目の痛み。原因は脳底動脈×甘い物

jin_me2

今日で3回目の施術を受けられた40代女性。

首の痛みとしびれで悩んで来院されました。

 

今回のお悩み

■左あご、左首から上腕までのしびれ

■後頭部の頭痛

■目の奥の痛み

 

…という様子でした。

 

これまでの調整と変化

一回目の調整直後

両肩〜手まで血がめぐっている感じがして気持ち悪いくらい。

首のところに少ししびれが残っている感じが残存。

二回目の来院時

しびれは左の首のつけ根のみ。

両肩〜手まで血がめぐっている感じがして気持ち悪かったのは、前回の施術後約2時間で消失。

頭痛、目の奥の痛みは起きなかった。

二回目の調整後

首を右に倒した際に左の首に少し痛みが残っている程度。

 

3回目の来院時・調整

■右に振り向いた際、一回首に痛みが出た

首の可動域を邪魔しているのは?

→寒邪

その奥に潜んでるものがある?

→脳(松果体)

その奥に潜んでるものがある?

→クリプトコッカス菌

その奥に潜んでるものがある?

→糖化たんぱく質

その奥に潜んでるものがある?

→ない

→糖化たんぱく質のみを調整

 

まだ痛みは出る?

→出る

 

痛みを0にするには?

→ストレス

その奥に潜んでるものがある?

→糖化たんぱく質

その奥に潜んでるものがある?

→脳底動脈

その奥に潜んでるものがある?

→ない

→脳底動脈のみを調整

 

この時点で首を動かしてもらったところ問題なし。

次の来院時に良ければ、施術終了ということでお話しました。

 

おわりに

今回も、原因のさらに奥に潜んでいるものを探り出していき、一番奥でひっかかっていたもののみ調整を行いました。

 

流れを追っていくと、

 

脳底動脈(頭と首の境目に近い場所にある、脳に血液を送る動脈)の流れが悪くなる

脳に栄養が届かず、体がブドウ糖を欲して甘い物を食べ、糖化タンパク質が増加

糖化タンパク質により身体がサビつき、クリプトコッカス菌(体が弱ると活発になる日和見菌)が反応

クリプトコッカス菌がゴソゴソ動き、脳の松果体(自律神経、身体のリズム、睡眠、性活動などを司る場所)が弱る

身体のリズムを作る機能が落ち、寒邪(寒さによって体調を崩す状態)によって首の動きが悪くなる

 

…このような流れで調子を崩していったのではないかと考えられます。

お話を聞いてみると、甘いものは大好きだということでした。

甘いものや炭水化物を控えると、痛みが出にくく、健康な状態を維持できますよ、とお伝えしました。

 

「はやくこの痛みから解放されたい」という気持ちが強く、3日間続けて通われたお客様。

その情熱に比例してメキメキとお体はよくなっていっています。

次回の様子によっては、施術は終了してセルフケアだけでも十分健康を保っていけそうです。

あっという間で少し寂しい気持ちさえしますが、どんどん良くなっていくお姿は本当に嬉しく、励みになります。

 


 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

首・肩〜手・手の指について詳しくはこちら

首・肩〜手・手の指

首・肩〜手・手の指に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加