左の骨盤の痛みは卵管の詰まり→7歳の時のトラウマが原因?

sikyu_1

定期的に来院されてお悩みの症状が解消されてきた30代の女性。

今日のお悩みは・・・

 

今回のお悩み

■左の骨盤の近くがうずく

■妊活をはじめたいので、子宮の状態が知りたい

 

…という様子でした。

 

検査

①ネーブル(おへそ)4時の方向に圧痛

②左仙腸関節に圧痛

③横隔膜付近の圧痛

 

調整

体の軸を整えたあと、

 

シュガーチェック(すい臓など、糖分を処理する能力の調整)

→広背筋

その奥に潜んでいるものは?

→膵臓

その奥に潜んでいるものは?

→左の太白

 

この時点で③横隔膜付近の圧痛が消失。

 

骨盤がうずく原因は?

→トラウマ 19歳(家庭)

その奥に潜んでいるものは?

→インナーチャイルド(プラタイナ・・・失望と憂鬱)7歳

その奥に潜んでいるものは?

→脳波(α波)

 

その他に骨盤がうずく原因はある?

→子宮の血流障害

その奥に潜んでいるものは?

→腹大動脈

その奥に潜んでいるものは?

→血栓

 

その他に骨盤がうずく原因はある?

→卵管

その奥に潜んでいるものは?

→腸腰筋、横行結腸

 

ここで再検査したところ、①おへそから4時の方向の圧痛、②左仙腸関節の圧痛も消失しました。

 

おわりに

治療の途中で左の骨盤が暖かくなり、いつも嫌な感じがなくなっていたそうです。

立ってもらうと地に足がついた感じと言われました。

 

子宮・卵巣は愛情に対応する臓器です。

「自分は愛されている」という実感は子宮の調子を良くしますし、「愛されていない」という失望は子宮の働きを妨げます。

この方は妊娠しやすい体作りを目指していらっしゃいますが、お若い時の家庭でのトラウマやお小さい時の失望が、子宮・卵巣まわりの動きを悪くしていたようです。

トラウマやストレスを取り除き「自分は愛されている」と感じるほど、子宮や卵巣の調子が整い、妊娠しやすいお体になっていきます。

 


 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加