3年前から続くめまいへの強い不安。改善へのカギはインナーチャイルド

memai_1

今日で4回目の施術を受けられた70代の女性。

めまいで悩んでいる様子を心配した息子さんと連れ立っていらっしゃいました。

 

今回のお悩み

■耳鳴り、めまい、吐き気

不安になるとめまいがする。

めまい・吐き気で体が動かなくなる。

脳外科で自律神経失調症と診断され、平衡感覚の検査をしたが異常なし。

息子さんや先生から深呼吸をすること、体を休めることを意識するように言われている。

漢方のクリニック受診、薬を10種類飲んでいる。

 

…という様子でした。

 

検査

・背中が丸く硬くなっていた。

・首全体が硬くなっていて柔らかいところはほとんどなし。

・内臓の検査はほとんど低下していた。

・落ち着きがなかった。

 

治療方針

・交感神経優位な体をバランスよくする

・背中を緩くする

・不安になることを解消してあげる

 

2回目の施術

■表情が柔らかくなってきた。

■背中はまだ硬い。

■めまいがあるとしばらくすると吐き気が出てきたが出る回数が減ってきた。

■今までは夜に騒音が気になると不快になりめまいの症状がでていたが、不快になることが減ってきた。

 

3回目

■左腕を下にして寝ることが出来るようになった。

■夜吐き気で目が醒めるが、今までは寝れなかったが眠れるようになった。

■めまいはあるが深呼吸すれば不安にならなくなってきた。

■背中が柔らかくなってきた。

 

4回目

重心、自律神経バランス、メンタル・シュガーチェックの後、

めまいの原因は?

→インナーチャイルド(7歳、シクラメン)

→ハーモナイズ(自信・気おくれ、仙骨)

→椎骨動脈

→ドーパミン(神経伝達物質)

→脳波(ミッドα波)

 

おわりに

4回目が終わって、初診と比べかなり良くなってきました。

めまいはまだ残ってはいますが、あと少しのところまできています。

今回は息子さんが患者さんの様子を見に来てくれ、笑顔も多く見せてくれました。

「体の調子が良くなるにつれ、めまいが出ても軽いものになってきた。これくらいなら大丈夫と思うと、まためまいで倒れるのではという不安もなくなってきた」

とおっしゃっていました。

「もうすぐ大好きな散歩にもいくらでも行けるようになりますよ。もう少し落ち着くまで、物足りないくらいの距離にしておいてくださいね」

とお伝えして、今回の施術は終了しました。

 


 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

自律神経失調症に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加