子宮と喘息の因果関係。女性の成人喘息は、子宮にカギ

2702971

今日で5回目の施術を受けられた、40代女性。

頭痛、腰痛、首痛でお悩みでした。

 

今回のお悩み

■偏頭痛、腰痛、首痛

■喘息(成人後)

■うつぶせでしか寝れなかった

■喘息の薬を毎晩飲む

■生理痛(ここ一年ひどい)

■去年子宮筋腫になりかけた

■5年前に子宮異形成

 

…という様子でした。

 

これまでの施術

1回目の施術

初診時の主症状は頭痛、腰痛、首痛だったが、原因を探っていくと子宮・小腸・横隔膜の調子落ちていたので本来の調子に戻していった。

 

2回目の施術

頭痛:解消。

首後屈痛、腰痛:半減。

 

3回目の施術

首後屈痛:解消。

息がしやすくなった(呼吸が今まで浅かったことに気がついた)

 

4回目の施術

腰痛:解消

咳をする回数が明らかに減ってきた。

うつぶせでしか寝れなかったのが仰向けで眠れるようになった。

 

今回の検査

■横隔膜付近が硬い

■仙腸関節の動き硬い

 

今回の調整

喘息の症状を減らすには?

→肝臓

→肝炎ウィルス

→燥邪

 

仙腸関節の硬さを緩めるには?

→子宮

→淋病マヤズム(卵巣)

→水銀

 

横隔膜を触ると、まだ違和感が残っていました。

 

横隔膜を緩めるには?

→横隔神経

→活性酸素

→肺ポリープ

 

この時点で違和感が消えました。

 

おわりに

初来院から様子を見ていると体調は良くなり、咳もかなり減っているのですが、咳がなくなるまでにはまだ時間はかかりそうです。

 

最近多いと感じるのが、喘息×子宮のトラブルです。 

一方が楽になるともう片方も楽になる傾向があります。

今回の患者さんも同様のタイプでした。

もしあなたがこの二つの症状を持っているようでしたら、お役に立てると思います。お気軽にお問い合わせください。

 


 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

自律神経失調症に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常若整骨院

私に任せてくれたらもう大丈夫です!ご予約はこちら

0120-947-446

0120-947-446
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
受付時間
12:00〜20:00(完全予約制)
定休日
日曜日・祝日 第2土曜日 第4木曜日

〒814-0005福岡県福岡市早良区祖原4−3