右肩から手までのしびれの原因は鼻炎?一足早い花粉の影響

今日いらしたのは、週に1回通っていらっしゃる40代男性。

当初は糖尿病のだるさ・辛さの軽減が目的でしたが、そちらがかなり軽くなってきて、今回はまた別の症状を訴えていらっしゃいました。

 

今回のお悩み

■喉が詰まった感じ(鼻炎持ち)

■右肩から手までのしびれ、力が入らない。

■常に背中の骨が痛む(胸椎3番付近)

 

…という様子で、お仕事も手につかないということでした。

 

可動域検査

体全体が反応が鈍くなっていて、可動域が狭い

 

調整

どこからやったほうがいい?

→喉のつまり

→喉のつまり

→胸椎3番

→花粉(科学物質)

 

この時点で喉のつまり・右肩のしびれが半減、背中の骨の痛みはほぼ消失しました。

 

残った症状を取るにはどこをやったらいい?

→腎臓代謝産物

→ストレス

→ハーモナイズ(記憶力)

起きてもらい、状態を確かめてもらうと症状はなくなり、

「来院時は体がだるくてしんどかったのにそれがなくなった」

とおっしゃっていました。(腎臓の働きが悪くなるとむくみやすく、体がだるくなります)

 

おわりに

今回は、まだまだ先では?と思われる「花粉」がキーワードでした。

胸椎3番は呼吸器と関わりが深く、花粉の影響で胸椎3番の働きが悪くなり、喉のつまり・右肩・背中の痛みが出現したようです。

 

お帰りの際、当院で患者さんに待ち時間に出しているお茶「凍頂烏龍茶」をお試しで差し上げました。

花粉症をはじめアレルギーに効果があり、症状の改善にも一役買ってくれるからです。

当院受付の地元である大分にあるお茶屋さん「三國志」で取り扱っているもので、春になると花粉症対策をする人でごった返すほどの人気商品です。

花粉症の薬を飲むと眠気で仕事にならなくなる受付も、もう何年もこのお茶のみで症状を撃退しています。

 

このお茶が気になった方は、お気軽にご連絡くださいね。

 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

首・肩〜手・手の指について詳しくはこちら

首・肩〜手・手の指

首・肩〜手・手の指に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加