体育座りをした時のお尻の痛み。原因は首・頚椎4番にアリ

今日で2回目の施術を受けられた、20代の女性。

骨盤のズレから来ているであろうお尻の痛みで来院されました。

 

今回のお悩み

■体育座りをするとお尻の骨が痛い

■首・肩が凝りやすい

 

…という様子でした。

 

可動域検査

①頚椎4番 首を右に倒しにくい

②左肩 動かしにくい

 

調整

お尻の痛みの原因は?

→首

 

首の動きをよくするのには?

→椎骨動脈

→細胞活性ティッシュソルト(マンガンソーファー:消化・吸収問題)

→ハーモナイズ(消化中枢)

→脳脊髄液

 

この時点で可動域検査をすると、①首(頚椎4番)が右に倒れにくさ、②左肩の動かしにくさ、ともに消失。

 

おわりに

施術後は、首がポカポカして体が楽になったとのこと。

床で体育座りをしてもらったところ、お尻の痛みが半減して、体を太ももにつけることできるようになりました。

 

「今まで何が原因で痛みが出ていたのか分からなかったので嬉しい!」

と喜んでくれました。

 

明日から海外へ旅行に行くとのことなので、「首を暖めると身体の調子が良くなりますよ」とアドバイスしました。

 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

首・肩〜手・手の指について詳しくはこちら

首・肩〜手・手の指

首・肩〜手・手の指に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加