右膝の引っかかり、再発した腰痛。カギは腹壁瘢痕ヘルニアで入れたメッシュ

今日で2回目の施術を受けられた70代女性。

前回の施術後、お体はとても良くなったそうですが、半年前に痛めた腰がふたたび痛み、右膝にひっかかりが出てきたそうです。

 

お悩み

■右ひざの引っかかり

■腰痛(半年前のが再び)

 

…という様子でした。

 

 

調整

どこから調整したらいい?

半月板

 

半月板の引っ掛かりの原因は?

→骨盤

骨盤

→筋腱靭帯

→動脈

 

調整後は右膝のひっかかりがなくなり、腰の痛みも消失しました。

 

おわりに

この方は、過去に腹壁瘢痕ヘルニアをされており、腹部にメッシュを入れて補強していらっしゃいました。

そのメッシュが骨盤の靭帯や動脈を圧迫し、腰痛と右膝半月板の引っ掛かりを起こしていたようです。

 

「手術を受けて、ボルトを入れてるんですが大丈夫ですか?」

といったご相談をよくお受けしますが、体に異物が入っているのといないのとでは、入っていない方が元の健康な状態に戻りやすいのは確かです。

ですが「手術を受けたからダメなんだ」ということは全くなく、ボルトやメッシュを体を支えるものとして共生し、より楽な状態にすることは可能です。

 

お帰りの際はとても軽やかに歩かれ、「動くのが楽です!」と笑顔をみせて下さいました。

まだまだお体は変わっていくので、これからも応援させていただきたいと思います。

 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

股関節・膝・足の悩みについて詳しくはこちら

股関節・膝・足の悩み

股関節・膝・足の悩みに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加