看護師さんの膝・肩の痛み。原因は小腸の弱り

今日で6回目の施術を受けられた、20代の看護師さん。

最初は、立っているだけで膝が痛い・膝を外に動かしにくい。体中がだるい。と来院されました。

 

これまでのお体の変化

2〜4回目の施術:4回目で膝を外に動かしにくいのが消失。

5回目の施術:膝の痛みが取れるも違和感が残存。

 

今回のお悩み

■腰が仕事中にすぐだるくなる

■立った時に太ももの外側に違和感

 

…という様子でした。

 

可動域検査

①左の腰椎4番がひっかかる

②右肩のひっかかり

 

調整

左の腰椎4番のひっかかりの原因は?

→膝

 

膝の調子を改善するには?

→小腸

 

小腸の調子をよくするには?

→胸鎖関節

→ヤケヒョウヒダニ(アレルギーの原因)

→マヤズム(乾癬・医原病)小腸、右肺

 

可動域検査をすると、①左の腰椎4番②右肩ともひっかかりが消失しました。

 

おわりに

wankotu

子供の頃からお腹が弱いという患者さん。

東洋医学では小腸経は膝と肩に関連があり、その流れで今回の症状が出たと思われます。

 

また、小腸が弱いと免疫力が弱くなりアレルギーが出てきます。

体にかゆみが出ることが多いというお話もされていたので、この方のウイークポイントは小腸にあると言えそうです。

 

小腸のケアには、手首の小指側を指のほうへのぼっていき、骨と骨の継ぎ目にある腕骨というツボが有効です。

ここにお灸をすると、小腸のはたらきが正常になり、免疫力や肩・膝の痛みも改善していきます。

 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

股関節・膝・足の悩みについて詳しくはこちら

股関節・膝・足の悩み

股関節・膝・足の悩みに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加