右に傾く体、上がらない肩。病気やケガを経てきた体には、過去の振り返りがカギ

はじめて来院された、70代の女性。

十二指腸ジスト、胃がんなど大きな病気をされてきた他、身体のゆがみが気になっているそう。

 

お悩み

■体が傾いている
右に下がっている。小さい頃から姿勢が悪い。

 

■体を左に捻りにくい
右の肋骨が突っ張って動かない。

 

■膝
右膝が力が抜ける時がある。一昨年に半月板損傷、去年金具を取った。
元々左膝がO脚で痛みがある。

 

■肩
5年前に右肩の腱が切れて以来、サッと動かせない。肩を真横まで上げれない。
右肩をうまく使えないので左肩ばかり使って左肩がきつい。(リハビリ中)

 

■骨粗鬆症
両方の太もも

 

■手術
胃がん、腸閉塞、十二指腸ジスト→腹壁瘢痕ヘルニア(メッシュで補強)

 

…という様子でした。

 

可動域検査

①座った状態で右肩を真横から水平以上上がらない

②座った状態で右の骨盤の上の隙間がほとんどない

③仰向けの状態で左脚を上げると左膝の裏がつっぱる。右は上がりにくい。

④仰向けの状態で膝を立てて、左に倒すと右腰に痛みが出る

⑤仰向けの状態でバンザイすると右肩が途中で痛みがでる。

⑥立った状態で体を左に捻りにくい

 

調整

体の傾きをなくすにはどこからやったほうがいい?

→左膝

左膝

→活性酸素

→脳脊髄液

→腫瘍(小腸)

→霊障

 

この時点で③仰向けでの脚の状態、右は上がりやすくなりましたが、左のつっぱり感変わらず。

④膝を立てて左に倒した時の右腰の痛みは消失。

 

左膝裏のつっぱり感を消すには?

→癒着

→栄養(穀物)

→毒性植物(ニガクリダケ)

→コレシストキニン(消化をうながすホルモン)

 

この時点で③仰向けでの左脚のつっぱり感、⑤バンザイした時の右肩の痛みが消失。

 

次に体の傾きを改善するには?

→科学物質(ペントシジン)

→筋・腱・靭帯

→ヒト免疫不全ウィルス

 

座った状態でふたたび可動域検査をすると、①水平以上に上がらなかった肩が痛みなく上げることができ、ビックリされていました。

②右骨盤の上に全くなかった隙間は、少しできてきました。

⑥立って体を左にひねりにくい状態は、少し変化した程度。

 

歩いてみてもらうと左足がスムーズに動かせるとまた驚かれていました。

「来院するたびに体が楽になってきますよ」とお伝えして、今回の施術は終了しました。

 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加