中学生を襲う首の痛み、出っ歯、イライラ…原因は腰骨の歪みにあった

今日で2回目の施術を受けた、中学生の女の子。

腰の歪みから背骨~首に痛みや違和感がおありということでした。

薙刀部に入っていたこともあってか姿勢がとてもいいのですが、首だけ前に飛び出てしまう姿勢も治したいとのこと。

 

お悩み

■腰のズレ(特に左)が気になる

■歯(出っ歯になってきた)

■座っている時に首の後ろが圧迫されている感じで、イライラしたり頭が真っ白になる(小学3年〜)

■振り向いた際、左の股関節に痛み

 

…という様子でした。

 

1回目:可動域検査

①座った状態で真横から肩を上げると両肩が上がりづらい

②座った状態で骨盤を押すと右が上がっている

③仰向けで膝を立てて横に倒すと左は倒れない

④仰向けで脚を上げて力比べをすると右が弱い

 

1回目:調整

どこをやると肩が一番楽になる?

→腰

→活性酸素

→右の仙腸関節

→ストレス

→ハーモナイズ(治癒の中枢)

 

この時点で③立てた膝が左に倒れない、④右足が弱い状態が改善。

「右足よく使うクセない?」と質問すると、右足を上にして脚を組むクセがありました。

 

次にどこをやると体が楽になる?

→首

→ハーモナイズ(胸椎12番〜腰椎1番)

→細胞活性ティッシュソルト(リシュームミュア:母子のつながり)

→マヤズム(医原)心臓

 

他にやるところは?

→なし

 

座ってもらって再度可動域検査をすると、①両肩の上がりづらさ、②骨盤のズレが消失しました。

 

1回目の調整後は、

■背中が痛くなってきて姿勢が良くなってきた

■視点が変わってきた

…ということでした。

 

2回目:可動域検査

①座った状態で真横から肩を上げると左肩が上がりずらい

②仰向けで膝を立てて横に倒すと左は倒れずらい

 

2回目:調整

どこを調整したら一番良くなる?

→腰

→腰椎5番

→体内ph(弱アルカリ性)

→マヤズム(乾癬)小腸

 

この時点で②立てた膝が左に倒れにくい状態が改善。

 

左肩の上がりずらい原因は?

→活性酸素

→第7チャクラ

→肩鎖関節

→霊障

 

この時点で、①左肩の挙げにくさが消失。

立ってもらった際、軽いめまいがでました。

少し間をおいて体の状態を確かめてもらったところ、首が後ろにいって、顎が引いた感じになったようです。

おわりに

とても大人びた、しっかりした女の子です。

それだけに、痛みはもちろん、姿勢の悪さから歪んできた歯や姿勢に悩んでいて、歯列矯正も考えているということでした。

 

「腰や背骨が整ってくれば、姿勢も整って、歯の感じもキレイに変わってくると思います。でも、鏡を見るたびに『歯が~』って落ち込むのってすごくツライですよね。それなら、歯列矯正で整えていくのもとてもいいと思います」

 

そうご本人とお母様にお伝えしたところ、しばらく施術を受けながら変化をみてみるということでした。

 

女性、特に10代の若い人にとって、見た目は時に健康よりもずっと重要です。

鏡の中の自分に「いいじゃん」と思えたらハッピーな気分になりますし、「ダメだ~」と思ったらそのまま消えてしまいたい気持ちにもなります。

その気持ちが、過度なダイエットや自己流の骨格矯正、自分への心の暴力につながると、めぐりめぐって健康にも影響を及ぼすことになります。

 

本当は、みんな素晴らしく可愛くてキラキラしていて、いるだけで周囲の人たちを元気づける存在です(なかなか口に出して伝えることはできませんが!)。

そのことを少しでも多く知ってもらえるよう、応援していきたいと思います。

 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常若整骨院

私に任せてくれたらもう大丈夫です!ご予約はこちら

0120-947-446

0120-947-446
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
受付時間
12:00〜20:00(完全予約制)
定休日
日曜日・祝日 第2土曜日 第4木曜日

〒814-0005福岡県福岡市早良区祖原4−3