高校球児の肘の痛み。原因は投球…だけじゃなく、仙腸関節?

今日2回目の施術を受けた、常連さんの息子さん。

他県の高校で寮生活をしながら、ピッチャーとして野球に打ち込んでいます。

先日はじめて施術を受けたときは首の痛みを訴えていましたが、1度の施術で改善していました。

 

今回のお悩み

■右肘

伸ばすと肘の真ん中(肘頭)が痛み、曲げると内側(内側上課)が痛む。

 

…という様子でした。

 

可動域検査

①座った状態で肩を真横から上げると右が途中でひっかかる

②座った状態で骨盤を触ると右が上がっているのがはっきりわかる

③仰向けでバンザイすると右肩に違和感

④仰向けで脚を上げると右脚が上がりにくい

⑤仰向けで膝を立て横に倒すと右の腰が引っ張られる

 

調整

どこから調整したらいい?

→腰

→活性酸素

→マヤズム(淋病)空腸

 

この時点で④右足の弱さ、⑤右腰のつっぱり感が改善。③右肩の違和感が少し残存。

 

肘のどこが問題?

→靭帯

靭帯

→霊障

→硬膜

→糖化たんぱく質

 

この時点で肘の痛みは6割くらい減った

 

肘の痛みに関係あるところは?

→手首

「手で気になったことある?」と聞いたところ、「小指側の筋肉がよくつる」とのこと(ピッチングでスライダーを投げすぎるとなるそうです)。

手首

→銅

→イネ

→活性酸素

 

この時点で痛みが残り2割に。

 

「足もつったりしない?」と聞いたところ、右の太ももが先につり、次に左の太ももがつるとのこと。

 

太ももがつるのは何が原因?

→右の仙腸関節

右の仙腸関節

→腫瘍(大腸)

→ストレス

 

この時点で肘の曲げ伸ばしの痛みは消失。

座ってみもらい①②の可動域検査をすると、改善していました。

 

しばらくは来れないので

・体の使い方

・テーピングのアドバイス

を指導して終了しました。

 

おわりに

首や肘の痛みで来院されましたが、検査をしてみると、腰や仙腸関節といった違う場所にも原因が潜んでいました。

体は骨や筋肉をはじめ、内蔵、神経、血管などで繋がり合っています。

原因が別に場所にある場合、痛いところだけをみていてもなかなか改善していきません。

とくに野球肘など、「投球で肘を使いすぎたからだろう」と推測できるような場合は、奥に潜んでいる原因にたどり着きにくい傾向があります。

 

ケガや痛みは、本当の原因を発掘する意味でも、生活習慣や身体の使い方を見直す意味でも、実はチャンスといえます。

お客様のますますの活躍を、福岡からお祈りしています!

 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加