高校でも頑張りたい!サッカー少年に頻発する腰痛の原因は、野菜嫌い

以前いらしていた、お客様の息子さん。

部活でサッカーをしていましたが、中学3年生になり、今年の夏に引退。

今は受験勉強で塾通いの日々だそうです。

 

お悩み

■首の痛み

受験勉強を始めてから出てきた。

 

■腰の痛み

サッカーで何度か痛め、最近体育の授業中に痛みが再発した。

 

■右肩脱臼癖がある。

「患者さんにどこか他に同じようなことはありますか?」と質問したら「体が全体的に柔らかいです」と言われ、可動域以上に指や肘が曲がりました。

 

…という様子でした。

 

可動域検査

①座った状態で真横から上げると肩がガクンとなる。(両肩)

②座った状態で骨盤を触ると右が硬い

③仰向けの状態で脚を上げて力比べをすると左が弱い

④仰向けの状態で膝を立て横に倒す動作で右側に倒せない

 

調整

どこから調整したらいい?

→腰

→腸炎菌

→腫瘍(S状結腸)

→ムカデ

 

この時点で③左足の弱さ、④膝を右に倒せない状態が解消。

腸が弱くないですか?と聞いてみると、9歳の頃からお腹が弱くなったとのこと。

 

肩がガクンとするのは何が原因?

→靭帯

靭帯を強くするためには?

→栄養素(ビタミンB)

→食中毒(アザスピロ酸:二枚貝の毒)

→ハーモナイズ(消化中枢)

 

この時点で①両肩のガクガク感がかなり減少。

魔法のテープを貼ると、ほぼ解消しました。

 

おわりに

栄養・消化のことがよく出たため、食事の好き嫌いありますか?と聞いたところ、野菜嫌いということでした。

 

「今まで体きつくなかった?」と聞くと

「スタミナがなく不安だった、試合中でもすぐ腰が痛くなっていた」とおっしゃいました。

 

「高校に入って、ケガをせずレギュラーに早くなりたいのなら、今受験勉強をやっている間に栄養を摂って、栄養のバランスをとることにより、腸の調子がよくなり骨盤の偏りが減ってくると、サッカーのパフォーマンスが上がるよ」

「一つでも弱点があるとケガしたり、回復しにくくなったりするよ」

とアドバイスしました。

 

お母様いわく、とにかく真面目で頑張り屋だというお客様。

施術後も、引退したサッカー部に顔を出しに行く、できればすこし練習もしたい、と言っていました。

そんな頑張り屋さんだからこそ、この受験勉強期は大きなチャンスです。

部活で無理をすることなく体調管理にエネルギーを注げますし、体が整えば集中力・記憶力・理解力も高まって一石二鳥♪

サッカーにも勉強にも手を抜かないお客様、これからも応援させて頂けたらと思います。

 

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加